政治

小沢一郎「来年オレが総理をやるッ」(2)「隠し玉」を求める声も出た

 その後も「小沢詣で」は続く。全国紙政治部デスクが説明する。
「22日には、海江田陣営幹部が、小沢氏と面会。小沢氏は『まだ様子を見たほうがいい』と、翌日に予定していた立候補を制止しました。この幹部は『小沢さんの態度がハッキリしないうちは様子見だ』と困惑気味でしたね」

 さらに同日、鹿野道彦農水相(69)も小沢氏を訪ね、
「小沢さんを復興担当大臣に」と、具体的な「ポスト」という餌をブラ下げる作戦に出たものの、色よい言質は取れなかったという。というのも、
「小沢氏は『鹿野はダメだ。海江田はタイミングを逃した』と、周囲の関係者に語っていたからです」(民主党代議士秘書)
 当初、NO2の有力候補と言われた鹿野氏に関しては、次のようなエピソードがある。「鹿野氏の立候補呼びかけ人は最初、32人いました。その中に北辰会(当選1回の小沢グループ衆院議員約50人で構成)のメンバーも交ざっていましたが、小沢氏サイドから、電話による指示があったんです。『親分がまだ決めていないのに、勝手な行動をするな』と。それで、鹿野氏の勢いは鈍りました」(安積氏)
 さて、小沢氏はその後も「見極め」のため、激しく動く。
 8月25日には、議員会館の事務所にグループ議員を次々に呼んで情報を集めた。この席で、候補者とされる顔ぶれについて、あらためて論評。最有力とされた前原誠司氏( 49 )を「思ったより(支持の)広がりがないようだ」と分析すると、海江田氏については「人が集まるかどうかだ」。さらに鹿野氏を「発信力がない」と、バッサリ斬り捨てたのだった。そのうえで小沢氏は、こう言及したという。「非主流派で一本化できるかどうかが問題だ」
 これは何を意味するのか。党内でいわゆる主流派とされるのは、前原氏や野田氏。鹿野氏と、同じく立候補した馬淵澄夫氏(51)は中間派という位置づけにある。彼らとは一線を画す候補者の支援を模索する、ということだった。
 さらにグループ議員からは、「隠し玉」を求める声も出たという。すなわち、まだ名前のあがっていない人物を担ぐという意味である。
 それに呼応するかのように、小沢氏は同日、国会内で、今回の代表選で小沢氏の「相談役」となった鳩山由紀夫氏(64)とひそかに会談。
「小沢氏は『民主党の原点回帰に協力を得られるよう、明日1日かけて調整しよう』と、新たな対立候補の一本化を確認。同時に、乱立する候補者についても『力が分散してはいけない』と、前原氏支援の見送りとも取れる発言をしたようです」(前出・政治部デスク) 小沢氏のこうした激しい動きを警戒するかのように、23日には、前原氏の後見役を担う仙谷由人官房副長官(65)が小沢氏との会談を持っている。
 仙谷氏といえば、かねてから「反小沢」の急先鋒として知られる過激な論客。仙谷氏はなんとこの席で、
「挙党一致体制を作りたい」と、小沢氏に協力を要請したのだった。ところが、案の定というか、小沢氏はこのセリフに憤慨。
「こちらは最初から挙党一致でやろうと言っているのに、あんたがオレを一方的に排除したんじゃないか」 なりふりかまわぬ仙谷氏のスリ寄りも奏功せず、かえって剛腕の怒りを増幅させる形となってしまったのである。
 さながら激烈な「小沢争奪戦」の様相を呈した民主党代表選。だが小沢氏はその先に、大きな「野望」を見据えていたのである。

カテゴリー: 政治   タグ:   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
新垣結衣があの新婚女優に見える瞬間?「けもなれ」でささやかれる珍現象
2
嵐・相葉主演ドラマが爆死状態で“なりふり構わぬテコ入れ作戦”始まった!
3
関ジャニ大倉、ファンからカバンに「使用後肌着」大量入れられ被害の“苦悩”
4
今年もダウンタウンが「嫌いな芸人」1位!選出される“キーワード”とは?
5
本田翼、「あざとすぎるCMダンス」に業界から「やっちまったな」の声!