芸能

迷言とイチャモンだらけの「アッコにおまかせ!」を観ているのは誰なのか?

20151112wada

 御年65歳を迎え、その毒舌ぶりがますますエスカレートしている和田アキ子。看板番組「アッコにおまかせ!」(TBS系)ではもはやイチャモンとしか言いようのない迷言を連発し、世間の反発を呼んでいる。

 一方で、その「アッコにおまかせ!」が7%程度の視聴率を維持しているのもまた事実。もっと低視聴率の連ドラも珍しくないなか、この数字を続けているというのは、それなりに固定視聴者がいることを意味する。誰が一体、和田アキ子の迷言を楽しみにしているのか。テレビ誌のライターが解説する。

「日曜日の時間帯別視聴者数を調べると、昼間に最もテレビを見ているのは65歳以上の女性なんです。いわゆるF3+層ですね。つまり、和田アキ子と同世代以上の女性が、『アッコにおまかせ!』の視聴率を支えているというわけです」

 ちなみに日曜の昼には、65歳以上の男性(M3+層)もテレビをよく観ているが、彼らは芸能ワイドショーの「アッコにおまかせ!」より、ニュースワイドショーの「サンデースクランブル」(テレビ朝日系)にチャンネルを合わせる傾向が強いようだ。

 この時間帯は、日本テレビでは夜に放送する番組の番宣を流すことが多く、ハナから勝負をあきらめている様子。フジテレビは「ウチくる!?」で若い視聴者を取り込んでいるが、視聴率は伸び悩みだ。そのため「アッコにおまかせ!」と「サンデースクランブル」が事実上の一騎打ちとなっており、高齢の女性視聴者と男性視聴者で棲み分けしているのである。

「そのF3+層に加え、50~64歳のF3-層も日曜昼間の視聴率に貢献しています。つまり、和田アキ子の迷言を喜んでいるのはおもに、50代以上の女性視聴者なんですね。昭和のうちに社会人になった彼女たちにとって、平成生まれも珍しくない芸能人などひよっこも同然。その言動に怒りを覚える世代でもあり、和田の暴言すらも正論として受け止めているんでしょうね」(前出・テレビ誌ライター)

 そう考えれば、和田の迷言が若い世代にとって理解不能なのも無理ない話。なにせ「アッコにおまかせ!」で繰り広げられているのは、高齢女性の井戸端会議なのである。もしかしたら和田の迷言も、あと5年や10年では終わらないのかもしれない。

(白根麻子)

カテゴリー: 芸能   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    芸能・政治・カネの「実は?」に迫る!月額550円で“大人の裏社会科見学”

    Sponsored
    194887

    予期せぬパンデミックによって生活や通勤スタイルがガラリと変わった昨今、やれSDGsだ、アフターコロナだ、DXだと、目まぐるしく変化する社会に翻弄されながらも、今を生き抜くのが40~50代の男たち。それまでは仕事が終われば歓楽街へ繰り出し、ス…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
土屋太鳳、Gバストがくっついたり離れたり!弟・神葉に羨望の声が出た密着映像
2
アンゴラ村長、“バスト進化”金髪&ダイエット変身が大反響!
3
マッパ演技も昨年解禁!「ファイトソング」で注目された“巨大バスト女優の正体”
4
本田真凜に「大人のオンナ」指摘…宇野昌磨との関係も納得の“経験済み”進化
5
「大人の女性」も強調!?松井珠理奈、バス旅での“匂わせ”に視聴者大盛り上がり