芸能

迷言とイチャモンだらけの「アッコにおまかせ!」を観ているのは誰なのか?

20151112wada

 御年65歳を迎え、その毒舌ぶりがますますエスカレートしている和田アキ子。看板番組「アッコにおまかせ!」(TBS系)ではもはやイチャモンとしか言いようのない迷言を連発し、世間の反発を呼んでいる。

 一方で、その「アッコにおまかせ!」が7%程度の視聴率を維持しているのもまた事実。もっと低視聴率の連ドラも珍しくないなか、この数字を続けているというのは、それなりに固定視聴者がいることを意味する。誰が一体、和田アキ子の迷言を楽しみにしているのか。テレビ誌のライターが解説する。

「日曜日の時間帯別視聴者数を調べると、昼間に最もテレビを見ているのは65歳以上の女性なんです。いわゆるF3+層ですね。つまり、和田アキ子と同世代以上の女性が、『アッコにおまかせ!』の視聴率を支えているというわけです」

 ちなみに日曜の昼には、65歳以上の男性(M3+層)もテレビをよく観ているが、彼らは芸能ワイドショーの「アッコにおまかせ!」より、ニュースワイドショーの「サンデースクランブル」(テレビ朝日系)にチャンネルを合わせる傾向が強いようだ。

 この時間帯は、日本テレビでは夜に放送する番組の番宣を流すことが多く、ハナから勝負をあきらめている様子。フジテレビは「ウチくる!?」で若い視聴者を取り込んでいるが、視聴率は伸び悩みだ。そのため「アッコにおまかせ!」と「サンデースクランブル」が事実上の一騎打ちとなっており、高齢の女性視聴者と男性視聴者で棲み分けしているのである。

「そのF3+層に加え、50~64歳のF3-層も日曜昼間の視聴率に貢献しています。つまり、和田アキ子の迷言を喜んでいるのはおもに、50代以上の女性視聴者なんですね。昭和のうちに社会人になった彼女たちにとって、平成生まれも珍しくない芸能人などひよっこも同然。その言動に怒りを覚える世代でもあり、和田の暴言すらも正論として受け止めているんでしょうね」(前出・テレビ誌ライター)

 そう考えれば、和田の迷言が若い世代にとって理解不能なのも無理ない話。なにせ「アッコにおまかせ!」で繰り広げられているのは、高齢女性の井戸端会議なのである。もしかしたら和田の迷言も、あと5年や10年では終わらないのかもしれない。

(白根麻子)

カテゴリー: 芸能   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    実力派ジョッキー戸崎圭太も登場!「KEIRIN GP2019」スペシャル企画動画『The DAN(座談)』をチェックせよ!

    Sponsored
    138500

    12月にもなると「なんだか気持ちが落ち着かない…」というギャンブル好きの読者諸兄も多いことだろう。というのも年末は、競馬の「有馬記念」、競艇の「賞金王」、オートレースの「SS王座」といったビッグレースが目白押しだからだ。競輪では、12月30…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    “男の活力低下”につけこむ甘い罠…手軽に入手できる海外未承認薬の危険過ぎる実態に迫る!

    Sponsored
    133097

    40代50代の中高年男性といえば、人間関係、リストラの恐怖、のしかかる責任感など仕事上の悩みに加えて、妻や子どもとの関係、健康や老後の不安といったプライベートなことまで、さまざまな問題を抱えているもの。そしてこれらがストレスとなり、加齢によ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
大食い王準優勝の「魔女菅原」が敗因を告白!マックス鈴木に負けた意外な理由
2
「テセウスの船」で見せた榮倉奈々の“ゾンビ”メイクが放送事故レベル?
3
人前で夜の営みを!?沢尻エリカ、「18歳からクスリ漬け&ハメまくり生活」の衝撃
4
石原さとみ、「綾瀬・深田連合」に“宣戦布告”で「ホリプロ三姉妹」激震のワケ!
5
青木愛、完璧ボディ披露で視聴者釘付けでも“浮いた話”が皆無のワケとは?