芸能

「クローズアップ現代」改編報道で気になる“NHK美女アナ”トップは誰?「中高年層を釘付けにした井上あさひ」

20151126t

 今年4月に京都放送局に異動してからも根強い人気を誇る──。約4年間「ニュースウオッチ9」のキャスターを務め、端正なルックスで中高年層を釘づけにした井上あさひアナ(34)である。番組から姿を消すと、「あさひロス」が叫ばれるほどだった。

「報道局主管のニュースセンターで活躍していた時は、それだけプレッシャーもあり、こわばった表情をしていた。京都に異動後は柔らかい表情を見せるようになり、顔もふっくらしています」(NHK職員)

 井上アナは6月から月1回「NEWS WEB」で全国区に復活。この流れに乗って、「クロ現」で東京に本格復帰となるのか。番組関係者は渋い表情でこう話す。

「人気と実力があり、スタッフから待望論が出ているのは事実です。ただ、京都に行ってわずか1年で戻すのは難しいのではないか」

 透き通るような白い肌が特徴の森花子アナ(31)に太鼓判を押すのは、女子アナウオッチャー・丸山大次郎氏だ。

「今、最も注目しているNHKアナです。3月から『おはよう日本』のスポーツを担当。登場する時に後ろ姿を撮られるのですが、タイトなスカートの下半身がとても色っぽいんです。シャツもサイズが合っていなくて、小ぶりながらキレイなバストの形がくっきり。ぜひ夜の時間帯で見たい逸材です」

 もう1人、期待されるのは、過去に「打倒、有働さん」と発言して話題になった寺門亜衣子アナ(30)だ。夕方の「ニュース シブ5時」でキャスターを務めるが、視聴率は苦戦している。

「彼女の本領が発揮されるのは、ロケ現場です。『クロ現』に抜擢されたら、スタジオの外に取材に行ってほしい」(前出・丸山氏)

 3月まで出演していた「おはよう日本」では、腰痛改善のヨガを紹介。テニスボールをお尻の下に置いてあおむけに寝転がると、大胆に股を開いて「気持ちイイ‥‥」と、早朝から恍惚の表情を見せたのだ。また、体をほぐす運動を体験した際には、ホットパンツとタイツをはいているにもかかわらず、股間部分には、縦に深く怪しげな1本の線を走らせたことも‥‥。

 その寺門アナの「標的」である有働アナを、制作スタッフは「大穴」候補にあげた。

「『あさイチ』での役割は果たしたとの空気が局内にあるのは確かで、電撃異動があるかもしれません。NHK初の女性会長を狙っているとの声も聞きますが、本人はまだ現場第一主義。最近も正しいお風呂の入り方を伝えるロケで『私が入って確かめてみる』と言って服を脱ごうとした。スタッフが慌てて止めましたよ」

 有働アナと並ぶダークホース的存在なのは、「凛として清楚」な容貌ながら、「ただただエロい」と、内面からあふれる色香が局内で評判の小郷知子アナ(37)である。

「画面で見ても色気十分ですが、職場ではさらにエキゾチックな雰囲気。夏は胸元がパックリと開いたブラウスを着て、目が合うとゾクゾクする。彼女が廊下を歩くと、ハッとしてみんな道を開けるほどです。当番で局に泊まる時はサンダルにジャージ姿で、そのギャップにまたゾクゾク」(前出・NHK職員)

「NHKニュース7」の土日キャスターとして3年間活躍し、14年4月から産休中だが、「早く復帰してほしい!」と熱い声が寄せられているのもうなずける。来年4月、電撃復帰なるか。そして「夜のお立ち台」に上るのは──。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
豊臣秀吉の悪口に反論したら「耳と鼻をそがれて首を刎ねられた」悲劇の茶人
2
DeNA大型新人・度会隆輝「とうとう2軍落ち」に球団内で出ていた「別の意見」
3
中日OB名球会打者が「根尾昴は投手ムリ」バッサリ斬って立浪監督にも真っ向ダメ出し
4
年金未払いで参院選出馬の神取忍「細かいことはわからない」に騒然/スポーツ界を揺るがせた「あの大問題発言」
5
「趣味でUber Eats配達員をやってる」オードリー若林正恭に「必死の生活者」が感じること