芸能

「掟上今日子の備忘録」はもはや新垣結衣の“イメージビデオ”に路線転換か?

20151125aragaki

 新垣結衣が銀髪でメガネっ子の探偵に扮するドラマ「掟上今日子の備忘録」(日本テレビ系)。第4話までは視聴率10%台を維持してきたが、第5話では8.8%、第6話では7.6%と数字を下げている。そんな危機感のなか11月21日に放送された第7話で、新垣のシャワーシーンが映し出されたことが話題になっているのだ。

「バスルームで倒れている今日子のシーンでは、新垣の生足、そして肩から胸元までが顕わになっていました。実際にはすべて脱いでいるわけではないとわかっていても、見た目は明らかに生まれたままの姿。これまでセクシーなシーンをほとんど封印してきた新垣にとって、女優人生で最大級のサービスカットだったんじゃないでしょうか」(テレビ誌ライター)

 そんな努力が功を奏して、ネットはもちろん各メディアでも、このシーンは話題になっているようだ。一方で前出のテレビ誌ライターは、今回の見どころはシャワーシーンに留まらず、仮想の同棲シーンを描きだしたことに意味があると指摘する。

「この第7話では、小説家の死因を探るために99冊の著書を読破するという理由で、今日子と厄介(岡田将生)がつかの間の同棲状態に。厄介に気を許している今日子は、いつも以上にいろんな表情を見せてくれています。しかも疲労がピークに達してくると、今日子の口調が荒っぽくなり、舌打ちまでしてみせるツンデレ要素まで追加。そんな山あり谷ありの展開はまさに、同棲生活そのものですね」

 たしかにこの日の放送は、観ているほうが思わず「可愛いなあ~」と思わず口に出してしまうほど、新垣の魅力が発揮されていた。そんな構成はドラマというより、アイドルのイメージビデオだと指摘するのは、アイドル誌の編集者だ。

「怒っている表情も盛り込むのは、イメージビデオでは定番の手法ですね。眠気覚ましの軽い運動や、食事の場面もイメージビデオではお決まりの要素。極めつけはメガネを掛けたままでのシャワーしょう。メガネ姿を貫き通すことにより、服を脱ぐことよりメガネを外すことのほうに価値があると思わせる手法です。今後、重要な局面でメガネを外すシーンに期待が高まります」

 ちなみに第7話の謎解きは警察による検証もなく、単なる推理で終わるというミステリーとしては尻切れトンボの展開だった。だが視聴者にとっては今回、推理の内容はどうでもよかったはず。可愛い新垣をひたすら楽しめたということで、このエピソードを“神回”と評価する男子は少なくなさそうだ。そしてそれこそが、制作側の狙いだったのかもしれない。

(金田麻有)

カテゴリー: 芸能   タグ: ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
【雨予報のGI宝塚記念】ドウデュースは大敗!重馬場で急浮上する「この3頭」のウハウハ適性
2
横浜F・マリノス「ホーム試合開催」大ピンチがスポーツ界に拡大する「深刻大問題」
3
人気俳優Aに「年内結婚」「事務所独立」が急浮上
4
サッカー前園真聖の後輩選手がビクビク暴露「高校時代は怖すぎた」その理由を聞いて脱力
5
大谷翔平の主婦人気ガタ落ちは本当か!本塁打単独トップへの無関心に「理由は結婚じゃない」