芸能

ももクロ「紅白卒業」で露呈した事務所とメンバーの“すれ違い”

20151202momokro

 11月26日、「第66回NHK紅白歌合戦」の出場歌手が発表された。驚きだったのは、3年連続出場していた「ももいろクローバーZ」(以下、ももクロ)の落選だった。

「初出場の時に比べれば人気は落ちてきましたが、『ももクロ』が登場すれば会場は盛り上がるだけに、落選は意外でした。出場が決まった歌手の中には、『えっ』と疑問視せざるをえない歌手もいますので‥‥」(音楽ライター)

 さらにファンを驚かせたのは、同日にももクロの公式サイトで、「紅白歌合戦を卒業します」と宣言したこと。それに困惑したのは、“モノノフ”と呼ばれるファンたちだ。突然勃発した紅白をめぐる“騒動”について、あるモノノフ男性はこう話す。

「わざわざNHKにケンカを売るような真似をしなくていいと思うのですが。メンバーにとって紅白は大事な舞台。初出場の時には、『行くぜっ! 怪盗少女』を歌った時に、脱退したメンバーの名前をコールして感動させてくれたこともありました」

 事務所サイドとメンバーの“すれ違い”も明らかになった。

 落選から翌日にメンバーの佐々木彩夏は、自身のブログを更新。

〈昨日、今年の紅白の発表がありました。ももクロは落っこちてしまいました。紅白を卒業することになりました。(中略)あーりんも、昨日さみしくて心がぽっかりしちゃったよ。正直、すごい悔しいし残念〉

 と飾らない思いを綴ったのだ。

 一方で、前出の音楽ライターは事務所の皮算用についてこう語る。

「毎年、紅白出場で11月下旬までそわそわするより、早い時期から大晦日ライブを計画したほうが、はるかに儲かります。モノノフにとってもテレビで1曲聴いて終わるより、たくさん聴けるライブを期待する声も上がっています」

 事務所が下した決断が吉と出るのか、凶と出るのか。その答えは来年にわかるだろう。

カテゴリー: 芸能   タグ: ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

    高血圧のスペシャリストが教える血圧を下げる6つの裏ワザ

    40代以上の男性の6割が、高血圧と言われる中、「深呼吸」など簡単な方法で、みるみる血圧を下げることができるというマニュアル本が話題となっている。高血圧のスペシャリストが教える“血圧を下げる秘策”とは──。「数字ばかりが独り歩きし、『降圧剤、…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
山口達也に続きさんまも「標的」に!? 泰葉の“便乗商法”に世間はウンザリ
2
“下腹部のスジ”見えた!? フジ鈴木唯、脚開き連発に男性視聴者が大興奮
3
消えたゴリ押し美女タレントは今(5)鈴木ちなみは有名二世を敵に回した?
4
「ブラックペアン」降板危惧も!? 加藤綾子に囁かれ始めた「健康不安説」の根拠
5
フジ鈴木唯、「美脚の間のスジ見せ一発」アクシデントで“カトパン超え”!