芸能

まさかの解禁!白石麻衣が紅白出場以上に乃木坂ファンを歓喜させたこととは?

20151202shiraishi

 紅白出場も決まってまさに上げ潮の乃木坂46。じつはその人気メンバー・白石麻衣が、紅白出場の決まる数日前にひと足先にファンを歓喜させていたのだ。

 11月20日に放送されたラジオ番組「沈黙の金曜日」(FM-FUJI)で白石はなんと、「下ネタウェルカム宣言」をした。

 下ネタトークが盛んに行われている同番組にゲスト出演した白石は、プチ暴露として、「私、白石麻衣‥‥下ネタウェルカムです」と堂々宣言。その発言に対して、同番組のMCを務める同じく乃木坂メンバーの永島聖羅が「下ネタ解禁したら、リスナーさん頑張っちゃうよ~」と心配するも、白石は「頑張って、頑張って!」と鼻血ブー寸前のファンを煽るほどだった。

「白石はレギュラー出演している競馬情報バラエティ番組『うまズキッ!』(フジテレビ系)で、共演しているおぎやはぎ・小木博明から下ネタの洗礼を3年近く受け続けてきた。4文字単語を浴びせられ続け、だんだん耐性もついてきたのでしょう。この発言を聞いてファンたちは予想以上に盛り上がっているようで、握手会で下ネタをブチ込んでいこうと意気込んでいる。ウソかホントか、ネット上ではすでにその後に行われた握手会で下ネタトークを楽しんだというファンのレポートもあります。今後はそれに感化され、白石の握手レーンがとんでもないことになるのではと予想されています」(アイドル誌ライター)

 ファンたちも「よっしゃ、ちょっくら握手会行ってくるわ」「まいやんに引かれない程度の絶妙なネタを考えねば!」など、鼻息もすさまじい。

 乃木坂46は清楚なイメージが強いだけに、まさに青天の霹靂。それがグループでトップクラスの美貌を持つ白石なのだから、ファンの渾身のネタがこれでもかとさく裂する光景が容易に想像できる。はたして白石は男たちの集中砲火に耐え切れるのだろうか。

(石田安竹)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    ドジャース・大谷翔平はなぜ「6月に最高潮」なのか科学的分析!メラトニン分泌とホルモンの秘密

    なぜ大谷翔平は毎年6月になると、調子が上がるのか。メジャー通算500打点にあと1、200本塁打まであと3本に迫った6月最終戦は無安打に終わったものの、月間12本塁打、24打点をマーク。日本人選手として最多となる通算5度目の月間MVP受賞が有…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , |

    大谷翔平だけじゃない!メジャー影の首位打者「ベイビー・イチロー」は山形県がルーツの「侍ジャパン候補」

    メジャーリーグは6月を終えて、ア・リーグの打率トップはエンゼルスのレンヒーフォ(3割1分7厘)。それをヤンキースのジャッジが猛追しているが(3割1分3厘)、実は「影の首位打者」がいた。ガーディアンズのスティーブ・クワンだ。現地メディア関係者…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「デパ地下」も静かに終了…池袋西武が象徴する「インバウンドに特化」デパートの苦境と未来
2
韓国から「出ていけ!」ホン・ミョンボ代表新監督への〝ウソつき呼ばわり〟は日本人選手がキッカケだった
3
1軍首脳陣に嫌われた阪神・秋山拓巳に「他球団からトレード申し入れ」という「救いの手」
4
サッカー元日本代表「王様・中田英寿」は自ら演出した「策略」だった!チームメイトが明かす「嫌われ役」秘話
5
「函館記念」はオニャンコポンの1着固定!3連単平均57万円の超大荒れレースで買えない人気馬のガチ共通点