芸能

ドロドロ愛憎劇再び!「新・牡丹と薔薇」の魅力は名言の数々!?

20151206botantobara

 11月30日、放送前から話題となっていた「新・牡丹と薔薇」がスタートした。

 04年、大河内奈々子と小沢真珠が繰り広げるジェットコースターのような急展開や「役立たずの豚!」などの痛烈なセリフ、牛革財布のステーキが登場するなど、センセーションを巻き起こした前作。今回も前作同様、中島丈博先生による脚本だ。しかもこの作品で、50年以上にわたって続いた昼ドラ枠が消滅するため、最後の作品となるのだ。注目の第1回は?

「高校生の女の子が妊娠、相手の男が事故死、妊娠を家族に告げられず苦悩、妊娠が家族にバレて罵倒されたところで産気づく‥‥。たった30分でここまで展開させる、まさにジェットコースタードラマですよ」(芸能ライター)

 また、中島先生らしい名言も飛び出したという。

「女の子の母親(山口いずみ)は、子どもがいることを隠して活動している女優なのですが、撮影現場に現れた娘に対して『お母さんじゃない、お姉さん!』。どう見ても無理があるんです(笑)。妊娠が発覚し、孫娘を擁護する祖父に対してもこの女優は『いい加減なこと言ってんじゃないわよ、この老いぼれ親父が!』と浴びせるんです。“老いぼれ親父”なんて言葉、久々に聞きました」(前出・芸能ライター)

 放送終了後、ネット上には視聴者から続々と感想が書き込まれ、早くも独特な世界観に酔いしれ、胸をザワつかせているようだ。

 愛憎渦巻く今後の展開に注目!

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    “JRA有馬記念VS年末ドリームジャンボ”一攫千金を叶えるならどっちが現実的?

    Sponsored
    239326

    ◆年末の風物詩である有馬記念師走となれば誰もが一攫千金を夢見る。その対象は大きく分けて2つ、JRAの有馬記念(G1)と年末ドリームジャンボ宝くじだ。馬券は実力次第で的中を手繰り寄せることができる一方、宝くじは完全な運任せ。まったく対極にある…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    「テーオーケインズを脅かす人気薄…」三冠騎手を育てた鬼教官のチャンピオンズC穴馬

    Sponsored
    236409

    ◆ワールドカップ以上の注目イベント!中東のカタールで行われているFIFAワールドカップは、日本代表が優勝候補のドイツに劇的な勝利。コスタリカ戦も終え、12月1日に注目のスペイン戦を控えている。決勝トーナメントに向け、森保監督の采配が注目され…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    1800万円VS100万円の戦い!JRA阪神ジュベナイルフィリーズに下剋上あり?

    Sponsored
    237214

    ◆男なら誰もが羨む話だが…競馬の面白いお金の話がある。それが種付け料だ。かつて産駒が数億円単位で売れていたディープインパクトの場合、1回の種付け料が4000万円に達したことがある。1度の種付けが家やマンションと同じ価値というのだから、リスク…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
松井秀喜が選ぶ「プロ野球ベストナイン」で「あいつはラクした」辛口評価の遊撃手
2
WBC「代替枠4人」候補に挙がる落選組「ベテラン投手」の名前
3
「料理はプロ級の腕前」なのに…木村文乃が打ち明けた「衝撃の事実」
4
トヨタ社長交代でカーマニアが沸き立つ「あの名車」復活劇
5
習近平のウソつき癖が治らない「春節期間中にコロナ感染爆発は起きなかった」の「死者隠蔽」実態