芸能

不評に終わった「新・牡丹と薔薇」で唯一、株を上げたあの“嫌味ババア”女優

20160209tanaka

 ストーカー殺人や腹上死、偽装結婚やマザコンなど、昼ドラには欠かせないドロドロ要素がてんこ盛りだったのに、不評のまま最終回を迎えた「新・牡丹と薔薇」(フジテレビ系)。「財布ステーキ」「たわしコロッケ」といったビックリ料理や、「役立たずのブタ」「このイノシシ野郎」などの名セリフを生み出し、主婦層を虜にした「牡丹と薔薇」(フジテレビ系)のリニューアルバージョンとして期待が高かったが、視聴者からは「ひどすぎる!」の大合唱が起きている。他局のテレビ制作スタッフが語る。

「今作は前作よりも放送期間が1カ月少なかったため、小さな物語を丁寧に積み上げて大きな物語を構築することが難しかった。『観ているうちに面白くなるのでは』と観続けていた視聴者からブーイングが起きるのも納得の残念なシナリオでした」

 さらに、ベテランの演出家はこう指摘する。

「メインの姉妹を演じた黛英里佳と逢沢りなのアクが弱すぎました。脇役の伊藤かずえや田中美奈子のほうが『うわっ!』と驚くような魅力があった。特に田中美奈子は、姑を演じたらナンバーワンと言われる野際陽子に勝るとも劣らない嫌味ババアぶりが秀逸だったので、今後はこの手の役柄のオファーが殺到するのではないでしょうか」

 元ダンナを腹上死に至らしめた田中。コテコテな設定を納得させるだけの演技力を見せつけ、この昼ドラで唯一、役者としての株を上げたようだ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    伊藤沙莉、「バストトップ出し&アエギ声」映画用にボイス訓練の“躍進女優力”

    161972

    若手女優きってのバイプレイヤー伊藤沙莉(26)の大躍進が止まらない。どこか親近感を持てるルックスと独特のハスキーボイスを携えて映画に引っ張りだこだというのだ。「主演の伊藤健太郎のひき逃げのためにお蔵入りになりかけた11月6日公開の『十二単衣…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
本田翼のTシャツバストショットが艶すぎる!“サイズアップ説を裏付ける”1枚
2
土田晃之、「バイキング」の進行を止めてまで固執した“大失笑”発言とは?
3
稲村亜美がガニ股で躍動!ゴルフ動画の“下半身パックリ見え”にファン「感激」
4
福原遥、「教場II」で“一人勝ちだった”と指摘されるワケ
5
綾瀬はるかVS高畑充希 ドラマに映せない「恥ずかしい癖」合戦(1)綾瀬のバストの存在感がすごすぎて…