芸能

「号泣気象予報士」どころじゃない!?放屁まで聞かれた女子アナ“生放送”事件簿

20151212joshiana

 12月1日に生放送されたNHK山形放送局「ニュースやまがた6時」のお天気コーナーで、気象予報士が突然泣き出した出来事が話題だが、女子アナたちが生放送中に巻き起こした珍騒動はまだまだある。

 まずはフジテレビの加藤綾子アナ。昨年10月に「めざましテレビ」の生放送中に突如、画面から姿を消すという事態が起こった。

「風邪による体調不良で倒れたと発表されましたが、熱愛報道のあったダルビッシュ有の新恋人発覚にショックを受けたのが原因ではと当時は噂されました」(女性誌記者)

 同じくフジテレビでは、カトパンの先輩アナ・佐々木恭子アナが、「とくダネ!」のCM中に嘔吐するという騒動も起こっていた。

「共演者の小倉智昭から受けるプレッシャーに耐えきれず‥‥という説もささかれていましたが、実際のところは二日酔いだったそうです(笑)」(前出・女性誌記者) 

 生理現象つながりでこんな赤面騒動も。元フジテレビの木佐彩子は、自らの放屁を全国に生中継してしまった過去が!

「朝番組のロケでロッククライミングにチャレンジした時のこと。必死に岩をつかもうと踏ん張った瞬間、ブゥーッと豪快な一発を放ってしまったんです。さらに、それが自ら司会を務めるNG大賞でも再放送されてしまいました(笑)」(週刊誌記者)  

 いまや大臣となった丸川珠代も、テレ朝時代にこんな出来事に見舞われている。

「街角レポートでタコ焼きを試食。出来たてアツアツをパクリと頬張ったところ、思いのほか熱かったようで、涙目で食レポをやり遂げました。生中継で吐き出すわけにもいかず無理やり飲み込んだため、口内から食道、消化器官までを大やけどし、13日間入院したという痛々しい過去があります」(前出・週刊誌記者)

 艶気部門では、日本テレビの葉山エレーヌアナも負けていない。

「番組中、スーツのインナーがなぜかずり下がり、ピンク色のブラがモロ見えに。しかし、それに動じることなく番組をやりきったのは、さすがのひと言と絶賛されましたね」(前出・週刊誌記者)

 時には己をさらすこともいとわない、羞恥心なんてどこ吹く風の女子アナたち。並みの神経では務まらない職業かも。

(山内純)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
誰トク?MAXのLINA、「14歳で30歳の男と交際」告白に、厳しい声殺到
2
「後ろから突きたい!」岡副麻希、猫伸びポーズにまたも妄想爆発の声殺到!
3
岡田奈々を襲った暴漢を塀の中で制裁!安部譲二が遺した怒りと男の純情
4
蘇る“朝ドラ女優”の艶演技(4)大量の“潮”まで見せた清水美沙の女優魂
5
松本人志は許すのか?「ガキ使」霜降りせいやの七変化に批判殺到のワケ