社会

“下流老人”にならないのは、どっち?(3)「老人ホームの選び方は好みのエリアをまずしぼり込む」

20151224dd3rd

 老後のためには、少しでも持ち金を増やしたいのが人情だろう。ならば、

【4】資金があったら投資する? しない?

 荻原氏は、株式投資のリスクを懸念して漏らす。

「今は株式市場が不安定で、結局、証券会社を儲けさせるだけです」

 そして、小菊氏もこう続けた。

「一般論を言うなら、確実に借金を減らすほうが得策です。例えばマンションを買った人で投資資金があるなら、それを繰り上げ返済に回して借金を減らす。株式は利回りのいいものでも、絶対に儲かるとは限らないですからね」

 さて最後に、老後といえば、必ずしも家族が身近にいるとは限らない。健康面などを考慮すれば、老人ホームへの入居を想定しておく必要もあるだろう。その場合、

【5】老人ホームを選ぶなら郊外? 都心?

 今、注目されているのが、石川県金沢市の郊外にある「Share(シェア)金沢」。老人ホームというよりは、子供から大学生、高齢者など世代や障害の有無を超えて、さまざまな人がともに暮らす街なのだ。高齢者の住まいはもちろん、障害のある子供たちの入所施設、学生向け住宅などのほか、近隣住民も利用できる天然温泉、レストラン、ギャラリー、カフェ&バー、ボディケアサロン、ドッグランなどがあり、地域とも連携した付加価値の高い複合型のホームとなっている。

 最近、郊外にはこうした付加価値の高い理想の老人ホームが増えているのだ。

 とはいえ、都心にこだわる世代も少なくはない。

 森永氏は言う。

「都会に住んでいた人で、これまでの人間関係を全部切り捨てて、地方へ行ける人ならいいが、それができない人も多い。一方で都心は地価の高騰で老人ホームに入ろうと思ったら、とんでもない価格になります。私はまず、好みのエリアを自分でしぼり込んで、その中から特徴のある老人ホームを決めればいいと思う。何もそんなに田舎に行かなくても、都心から1時間半くらいで、のんびりとしたところが首都圏でもいっぱいあるはずです」

 老人の死亡事故が多発した川崎の老人ホームは論外として、付加価値の高いホームは最近増えている。準備さえしっかりしていれば首都圏でも理想の老人ホームへ入居できるだろう。

 まだまだ先と思いつつ、老後は確実に近づいてくる。下流老人にならないためにも、行く末を見据えておくべきである。

カテゴリー: 社会   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「致死量」井上清華アナの猛烈労働を止めない「局次長」西山喜久恵に怒りの声
2
巨人の捕手「大城卓三と小林誠司」どっちが「偏ったリード」か…大久保博元が断言
3
京都「会館」飲食店でついに値上げが始まったのは「他県から来る日本人のせい」
4
フジテレビ井上清華「早朝地震報道で恥ずかしい連呼」をナゼ誰も注意しない?
5
【鉄道】新型車両導入に「嫌な予感しかしない」東武野田線が冷遇される「不穏な未来」