芸能

2015年下半期 輝く!“有名人スキャンダル大賞”!「HIV感染を告白したチャーリー・シーン」

20151224g

 今年の後半も芸能界、スポーツ界、政界、その他何でも、スキャンダルがわんさか飛び交った。さばききれないほどの話題の数々に対するはアサ芸恒例の座談会メンバーたち。喜々として大激論を交わす!

 下半期スキャンダル大賞、大外からチャーリー・シーンが来たね。お金を支払って女性と寝る代金の名目が「友好エンターテインメント費」だよ。

 支払った額が年間2億円以上費やしていたという。

 寂しい人だよね。どうでもいいけど。

 だけど、上半期大賞の岡田斗司夫とは金額が全然違う(笑)。

 ヤラせなかったら「ホテル代半額出せ」とは違いますよ。

 岡田斗司夫はゴムしてるのかな? してるか。

 「パイプカットしてるからセーフ」って言い張ってる人ですから。しかし、チャーリー・シーン、HIVで「コンドームなしでやったら特別料金」って、かなりのデンジャーゾーンですよね。

 チャーリー・シーンも二世タレントだからね、言ってみりゃ。5000人っていうのがすごいよ。

 5000人って、取り巻きとパーティで乱交して10人呼んだ、とかもカウントしてるんじゃないですか?

 それ言ったら、上半期に出てきたフィリピンで1万2000人買春した横浜の元校長だよ。チャーリー・シーンの2倍いってるわけだから。

 校長、ここには二度と登場しないと思ってたけど、また出てきたな(笑)。

 ところで、マスコミがあんなに叩いていたパクリ騒動の佐野研二郎って、誰も口にしなくなったね。微妙に広告代理店の圧力がある気がするなぁ。

 いまさら引っ込められないデザイン、山ほどありますからね。TBSのキャラクターのBooBoとか。

 サントリー「オールフリー」のトートバッグ、「デザインもオールフリーかと思いました」と釈明、というネタは笑ったな。

 欲しいですけどね、そのトートバッグ。ものすごい自慢気に持ち歩きたい。

 「持ってんだ!」って。

 俺、豪さん手に入れてるかと思いましたよ。

 いちおう、佐野研二郎本は買ったけどピンとこなくて。ボクの物件じゃないですね。

 しかし、会見でのあのポーズ(笑顔で左右の人さし指を天に向けた)ね。

 知り合いから聞いたけど、前とずいぶん顔が変わったんじゃないかって言ってたよ。

 ああ、二重がちょっと不自然な感じはするね。

 セレブ入りを意識しての整形? セレブ入りすると、やるらしいですよ。

 整形を?

 うん。

 へえ~(笑)。

 でも、もうカムバックできないよね?

 どうしてるんだろう、今。採用されてれば、のうのうとやってたとこを。

 しかし、オリンピック開催中はつらいだろうな(笑)。見てられねえよ。

<座談会メンバー>

:宇多丸

:吉田豪

:浅草キッド・水道橋博士

:浅草キッド・玉袋筋太郎

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「東京五輪までに逮捕される」ヤバイ芸能人リスト(2)売れっ子俳優Tにまつわる物騒な目撃情報
2
“チクポチ”まで披露!?森香澄「胸揺れダンス」の過激化が止まらない!
3
「時効警察」視聴率低迷の“戦犯”に吉岡里帆の名前が挙がり始めた窮地!
4
「ドクターX」、止まらぬ視聴率低下に「色香担当が不在」「脚本家の問題」指摘!
5
深田恭子「“37歳”新・むっちりボディ」の秘密をバラす(1)バストサイズがボリュームアップ