スポーツ

オカダ・カズチカも唖然!?トップレスラーが新日本プロレスの「仕組み」を暴露!

20151218okada

 プロレスファンにとって、毎年年明け1月4日といえば、新日本プロレスの東京ドーム興業である。

 今年のメインは、王者・オカダ・カズチカに挑戦者・棚橋弘至が挑むIWGPヘビー級選手権。そしてセミファイナルにも注目カードとなる、IWGPインターコンチネンタル選手権が組まれ、中邑真輔とAJスタイルズの初シングルが実現する。

 ところで、このAJは、新日本プロレスに来日した歴代外国人レスラーの中でも屈指の実力者として評価を集め、IWGPヘビー級王者を2度戴冠するなど、今や新日本のリングに欠かせないトップスターである。

 ところが、今夏に開催された「G1クライマックス25」の熱気も覚めやらぬ中、米メディア「レスリング・オブザーバー」の取材を受けたAJが、なんと新日本プロレスの裏側を何の気のてらいもなく暴露していたのである。

 G1でのオカダ戦を評価するインタビュアーが、「ああいう試合は何人くらいで話し合って作るのですか?」と質問するとAJは、

「自分とオカダと外道だけだね。海野もそばで聞いてはいるけど、そんなに大勢で決めてるわけじゃない」

 と、あっさり。さらには、こんなやり取りまで──。

──自分のG1での星取り状況は、どのくらい前に知らされるのですか? だって、翌年1月の試合にまで(ストーリーが)つながっていくのですからね。

「そうだね。新日本はプロフェッショナルだから、G1の星取りは最初から全部決まっているんだろうね。でも僕はあえて聞いていないんだ。1試合1試合、どうしてほしいのかを聞いて、やっているだけだよ、まあ、振り返って見れば、見事な星取り表だと思うけどね」

 過去にもベテランのレフリーが暴露本を上梓したことがあったり、台本の存在が発覚する団体があったりしたことはあったが、メジャー団体に参戦する現役のトップレスラーがここまであっけらかんとプロレスの仕組みを語るとは前代未聞だろう。

 ところが、とある日本のプロレス団体関係者はこう話す。

「米国では世界一の団体・WWEが、ショーであることを認めたうえで、肉体を鍛え上げたレスラーたちのドラマを見せることで世界中のファンを魅了し、莫大な収益を挙げている。現地メディアの取材だっただけに、AJにとっても仕組みうんぬんなど、当たり前のことで、隠し立てする話でもなかったのでしょう。実は新日本自体も、今、目指しているビジネスモデルはWWEだといいますからね」

 リングの上の闘いを見せれば四の五の言わせない自信があるからこそ、その舞台裏までサービスで公言できるのだろう。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「致死量」井上清華アナの猛烈労働を止めない「局次長」西山喜久恵に怒りの声
2
完熟フレッシュ・池田レイラが日大芸術学部を1年で退学したのは…
3
巨人の捕手「大城卓三と小林誠司」どっちが「偏ったリード」か…大久保博元が断言
4
京都「会館」飲食店でついに値上げが始まったのは「他県から来る日本人のせい」
5
フジテレビ井上清華「早朝地震報道で恥ずかしい連呼」をナゼ誰も注意しない?