スポーツ

「1位予想」評論家の皆さん、原巨人はそれでも優勝デスカ?(3)現状では「優勝確率は30%」

 さらに、12球団随一とも言われていた「パーフェクト打線」に目を向けても、今のところ、チームのスランプを払いのけるほどの爆発力は期待できそうもない。
 前出の江本氏が続ける。
「巨人が1試合平均4~5点取る野球をするにしても、前提となるのは1、2番がきっちり出塁すること。そうしなければ、いくら強力打線でも機能しないのは、歴史が証明していますよ。それに1番の坂本や3番の長野久義(27)を見ていると、明らかなクソボールに手を出して空振りをしている。そこにはボールも打てるというおごりを感じる。投手陣のために、監督を男にするために、何が何でも自分が出塁してやるという覇気が必要でしょう」
 開幕直後とはいえ、早くも投打がかみ合わず、ガタガタの巨人。予想を変更するなら今のうちだと、あらためて優勝の確率を聞いてみると‥‥。
「もうちょっと待ってみますよ(笑)。ちょうど交流戦が始まる5月中旬頃になると、選手も疲れ始め、好不調が入れ替わり、流れが変わります。巨人、中日、阪神、ヤクルトの4チームが争うことになるだろうから、優勝確率は25%に。それにもともとの巨大戦力10%を足して35%にします(江本氏)
 広澤氏は、さらに低い数字をあげた。
「この状況で再予想しろと言うのならば、巨人の優勝確率は30%でしょうか。後半調子が上がってきても、中日、阪神と三つ巴の接戦になると思います。でも、このままでは、中日、阪神に先を行かれ、3位に沈む可能性も少なくない。球界全体としても、巨人の独走よりも、後半、調子を上げた巨人が追い上げるほうが盛り上がると思います」
 一方、一貫して巨人の優勝を掲げる橋本氏は「今は我慢の時」とエールを送る。
「下手にチーム方針をいじると、選手も不安になり、よけい深みにハマります。ここは我慢が必要です。だから私も開幕前同様に優勝確率100%を変えません。さすがに10連敗したら考えますが(笑)」
 巨大戦力を誇りつつも、どこかもろさを感じさせる今シーズンの原ジャイアンツ。眠れる巨人は目を覚ますのか、それとも‥‥。

カテゴリー: スポーツ   タグ:   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    【緊急座談会】中年世代にど真ん中の夏カジュアルはあるのか!?

    Sponsored
    182685

    40代ともなると違和感を感じ始めるのが、休日のカジュアルファッションだ。体型が変わったり、若い頃に着ていた服が似合わなくなったり「何を着たらいいか分からなくなる」のがこの世代の特徴。昔ほどお金をかけるわけにもいかず、とりあえず安価なユニクロ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    クラファン発!最先端サプリ「スパルトT5」の実力と評判とは?

    Sponsored
    182842

    コロナ禍は、生活様式も働き方も大きく変えた。「仕事帰りにちょっと一杯」も難しくなった今、ビジネスの最前線で活躍する現役世代を蝕む過大なストレスが問題となっている。そんな精神的負担も原因なのか、これまで高齢男性に多かった“夜の悩み”を訴える3…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

注目キーワード

人気記事

1
これが人気美女ベスト5人「美ボディ改造」最前線だ(2)新垣結衣は1日3リットル以上の水を飲み…
2
元アジアン・馬場園梓が後輩芸人に「姉さん抱かせてください」せがまれた結末
3
野茂英雄や佐々木主浩でもない…田尾安志、“最強直球投手”に江川卓を挙げた理由
4
桑子真帆、上沼恵美子が分析した“結婚する気はなかった”ワケ
5
夏目三久“山ありゴムあり”「美脚14年」を真相報道する(4)「あさチャン!」での思い切ったカミングアウト