芸能

知られざる“2016年注目女子アナ7人”のムフフな思惑(3)「入社前の騒動で話題になった日テレ・笹崎里菜アナのライバルアナは?」

20160128c

 日テレでは、ホステス経験を理由に一時、内定取り消しで話題になった入社1年目の笹崎里菜アナ(23)が厳しい指導を受けていた。

「現在は、日曜日の朝に生放送されている『シューイチ』に出演しています。研修時代に担当していたベテランの豊田順子アナ(49)が目を光らせていて、放送中にイントネーションが悪かった言葉のダメ出しをされています。入社当初から舌が弱いと指摘されていて、特にサ行が苦手。名前の『ささざき』が聞き取りづらくて何度も練習していた。入社前から話題の人なので、たびたび日常の様子が写真誌に撮られていることもあり、『新人らしく帰りは電車で自宅にまっすぐ帰るように』と釘を刺されています。浮いた話も今のところ聞いていません」(日テレ局員)

 東京マラソンのエントリーが決まり、昨年から都内の河川敷で練習しているという。そんな中、局内ではライバルたちの評価が高くなっているそうだ。

「すでに3つの番組を担当している同期の尾崎里紗アナ(23)は、ニュース原稿を読むと、地元の博多弁の癖が出てしまうのでアナウンス技術は笹崎アナのほうが上です。ただ、それを注意されても、応援したくなるような愛嬌があって、先輩たちにかわいがられている。笹崎アナは焦りを感じているようです」

 さらに、局内で頭角を現してきたのは、入社2年目の畑下由佳アナ(24)。1月から早朝のニュース番組「Oha4! NEWS LIVE」の月・火曜のメインキャスターに起用されている。

「成蹊大学文学部出身で、在籍時にミス成蹊グランプリを受賞した正統派美人です。局内でも口説きたい男性局員が寄ってくるのですが、ちょっと夢みる乙女みたいなキャラで、飲みに誘うと、『今日は星座を眺めていたいので』と謎の断り方をされるそうです」(前出・日テレ局員)

 さまざまな「技」を駆使して、美女アナたちは今日もしたたかに生き抜いていく──。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
芸能界「自己責任な女」受難の後始末(1)剛力彩芽はこのまま引退?
2
若林正恭と南沢奈央の破局に、大島優子のファンが安堵するワケ
3
岡村隆史、若林正恭と南沢奈央の破局に“心ない発言”で南沢ファンが怒髪天!
4
芸能界「自己責任な女」受難の後始末(3)酒井法子が住居を追い出された?
5
めちゃイケの“ヤラセ”までバラされた!「イッテQ騒動」余波が止まらないッ