芸能

知られざる“2016年注目女子アナ7人”のムフフな思惑(3)「入社前の騒動で話題になった日テレ・笹崎里菜アナのライバルアナは?」

20160128c

 日テレでは、ホステス経験を理由に一時、内定取り消しで話題になった入社1年目の笹崎里菜アナ(23)が厳しい指導を受けていた。

「現在は、日曜日の朝に生放送されている『シューイチ』に出演しています。研修時代に担当していたベテランの豊田順子アナ(49)が目を光らせていて、放送中にイントネーションが悪かった言葉のダメ出しをされています。入社当初から舌が弱いと指摘されていて、特にサ行が苦手。名前の『ささざき』が聞き取りづらくて何度も練習していた。入社前から話題の人なので、たびたび日常の様子が写真誌に撮られていることもあり、『新人らしく帰りは電車で自宅にまっすぐ帰るように』と釘を刺されています。浮いた話も今のところ聞いていません」(日テレ局員)

 東京マラソンのエントリーが決まり、昨年から都内の河川敷で練習しているという。そんな中、局内ではライバルたちの評価が高くなっているそうだ。

「すでに3つの番組を担当している同期の尾崎里紗アナ(23)は、ニュース原稿を読むと、地元の博多弁の癖が出てしまうのでアナウンス技術は笹崎アナのほうが上です。ただ、それを注意されても、応援したくなるような愛嬌があって、先輩たちにかわいがられている。笹崎アナは焦りを感じているようです」

 さらに、局内で頭角を現してきたのは、入社2年目の畑下由佳アナ(24)。1月から早朝のニュース番組「Oha4! NEWS LIVE」の月・火曜のメインキャスターに起用されている。

「成蹊大学文学部出身で、在籍時にミス成蹊グランプリを受賞した正統派美人です。局内でも口説きたい男性局員が寄ってくるのですが、ちょっと夢みる乙女みたいなキャラで、飲みに誘うと、『今日は星座を眺めていたいので』と謎の断り方をされるそうです」(前出・日テレ局員)

 さまざまな「技」を駆使して、美女アナたちは今日もしたたかに生き抜いていく──。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    参加無料の賞金大会実況リポート!いま激アツなオンライン麻雀の“リアル”

    Sponsored
    156506

    ここ数年、急増している麻雀番組。昨今、超人気アイドルグループをはじめ、グラドル界からも麻雀にハマるメンバーが続々登場。彼女たちの間では「グラドル雀士枠」の争奪戦も展開されているとか。もはや可愛いさだけではなくプロとも渡り合えるガチな雀力が求…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    アラフォー男性の健康トラブルが増えている!?“人生100年時代”を生き抜く3つのヒントとは?

    Sponsored
    155376

    “貧乏暇なし”とはよくいったもので、来る日も来る日も働きづめでストレスはたまる一方だ。暴飲暴食で食生活は乱れ、疲れがなかなかとれないばかりか、眠りは浅く熟睡もできない。こんな毎日だから朝から体がダルいし、集中力や判断力が鈍って仕事ではミスば…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
艶ビデオ出演芸能人の「感度」!/美女「バストトップ出し情交」場面大全(4)
2
渡部建、「ガキ使」放送前に「『ワイドナショー』で謝罪」の“衝撃予測”急浮上!
3
吉高由里子「褐色突起」が硬化!/美女「バストトップ出し情交」場面大全(2)
4
“土手スジ”が映った!?阿部華也子、スキャンダル危機も放送事故でファン激増!
5
二階堂ふみが「20秒愛撫」で魅せた!/美女「バストトップ出し情交」場面大全(1)