芸能

SMAPでも救えなかった!「低視聴率女優」有村架純、次週はさらなる爆死か!?

20160122arimura

 1月18日からスタートした有村架純主演のドラマ「いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう」(フジテレビ系)第1話の視聴率が11.6%だったことがわかった。同ドラマは2016年版「東京ラブストーリー」として注目を集めていた。

「今回、ドラマの脚本を手掛けたのは、かつて『東京ラブストーリー』を執筆した坂元裕二です。彼の脚本家としての息は長く、デビューから20年以上経った今でも『Mother』『最高の離婚』などでドラマ界の一線を走り続けている。しかし、今回の『いつか~』は内容に関して『暗い』『古臭い』などネットでの評価は散々。昨年の月9『恋仲』は視聴率こそ苦戦したものの、若者からの需要が高く支持されていました。しかし、今回はそんな熱狂的な声も聞こえてこないため、今後、特に話題にもならずにひっそりと終了していく可能性が高そうです」(テレビ誌記者)

 とはいえ、昨年、初回から視聴率1桁を記録してしまった「恋仲」に比べれば、「いつか~」は2桁を獲得し、まずまずの出だしのようにも思える。

 しかし放送日の状況を考えると、この視聴率は低すぎるのだという。

「この日、関東地方は雪の影響で在宅率が高く、さらに視聴率30%以上を記録したSMAPの緊急生放送が後に控えていた。通常、SMAPの番組は22時からの放送ですが、ドラマ第1話は22時9分までの拡大放送だったため、勘違いでチャンネルを合わせた視聴者も多かったのです。つまりこれほどの好条件が付いたにも関わらず11%台では厳しい結果と言わざるをえない。そのため通常放送となる次回以降の視聴率は1桁が濃厚でしょう」(前出・テレビ誌記者)

 昨年、初主演ドラマ「永遠のぼくら sea side blue」(日本テレビ系)でも視聴率1桁を記録してしまった有村。今回のドラマでも厳しい状況が続いていきそうだ。

(森嶋時生)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    参加無料の賞金大会実況リポート!いま激アツなオンライン麻雀の“リアル”

    Sponsored
    156506

    ここ数年、急増している麻雀番組。昨今、超人気アイドルグループをはじめ、グラドル界からも麻雀にハマるメンバーが続々登場。彼女たちの間では「グラドル雀士枠」の争奪戦も展開されているとか。もはや可愛いさだけではなくプロとも渡り合えるガチな雀力が求…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    アラフォー男性の健康トラブルが増えている!?“人生100年時代”を生き抜く3つのヒントとは?

    Sponsored
    155376

    “貧乏暇なし”とはよくいったもので、来る日も来る日も働きづめでストレスはたまる一方だ。暴飲暴食で食生活は乱れ、疲れがなかなかとれないばかりか、眠りは浅く熟睡もできない。こんな毎日だから朝から体がダルいし、集中力や判断力が鈍って仕事ではミスば…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
三浦翔平が妻・桐谷美玲の“サイズ”を激白!笑み浮かべ「ちっちゃい」に騒然
2
松田聖子「40周年」と「沙也加」の誤算(1)58歳で小ぶりバスト披露の衝撃
3
佐々木希、匂わせたのは妊娠?離婚?「謎すぎインスタ」が超深読みされていた
4
桐谷美玲が最新全身ショット公開!スリムなのにバストは“サイズアップ”証言
5
芦田愛菜、「難関私立中」複数合格の「神童」女優が今抱く“野望”とは?