芸能

「とくダネ!」笠井アナの苦しすぎるベッキー擁護が「キモくてたまらない」

20160121kasai

 人気バンド「ゲスの極み乙女。」のボーカル・川谷絵音との不貞報道後、緊急会見を開いて謝罪したベッキーだが、1月21日発売の「週刊文春」で1月5日のLINEのやり取りが暴露された。5日といえば、何度も深々と頭を下げて謝罪した日の前日だ。

 このLINEの中でベッキーは、謝罪会見について「友達で押し通す予定!笑」と書き、川谷はこれに対して「逆に堂々とできるキッカケになるかも」と返信している。つまり、2人は関係を終息させるのではなく、むしろ公になることで、「ありがとう文春!」とまで記しているのだ。

 この件について「とくダネ!」(フジテレビ系)が取り上げたのだが、キャスターの小倉智昭は「LINEを見られているとわかった後のやりとりでしょ? バカじゃないの?」とバッサリ切り捨てながらも、なぜ表に出たのかについての疑問を投げかけた。

 すると、同局の笠井信輔アナは、「スマートフォンなどの端末を2台用意すれば、このやりとりを作り上げることができる」と指摘したうえで、「もし、ねつ造されたものだとしたら、2人はすぐに表明したほうがいい」と呼びかけたのだ。

 これに対し、ネット民はすぐさま反応。「ベッキー擁護がキモくてたまらない」「これが偽造なら訴えるだろーしね。何にも動きがない時点で黒でしょ」と、笠井アナの苦しすぎる擁護に失笑しているようだ。

 まったく“反省”していなかったことがわかったことで、今後ベッキーを擁護する人はいなくなりそうだ。

(李井杏子)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
松本人志の居ぬ間に中山秀征…芸人たちが「実はスゴイ人」異常な絶賛の「あぁ不思議」
2
【雨予報のGI宝塚記念】ドウデュースは大敗!重馬場で急浮上する「この3頭」のウハウハ適性
3
「青春18きっぷ」夏季用がようやく発売でも消えない「冬季販売中止」の不穏な背景
4
元楽天・安楽智大が来季「日本球界に逆輸入される」メキシカンリーグでの「標高2200メートル投球」
5
「山口組のキッシンジャー」が体現した哲学! ヤクザの「平和共存」は方便などではなかった