スポーツ

競馬界“封印されたハチャメチャ事件”を発掘スクープ(2)ベテラン騎手が八百長レースを仕込んだワケ

20160204z2nd

 そこで内情を知る競馬関係者への取材を進めたところ、なんとばんえい競馬を笑えない「前科」が次から次へと浮かび上がってきたのだ。思わず吹き出してしまうズッコケ話も含め、「闇スキャンダル」の封印を解こう。まずは騎手編から。

 主役は、時に大穴をあけ、コアなファンを魅了していたベテラン騎手のX。証言してくれたのは、Xと親しかったベテラン騎手だ。その騎手はこう切り出した。

「Xとは飲み仲間でね。Xが騎手を引退する少し前、X自身が打ち明けてくれんだけど、『かつてローカル重賞で八百長をやったことがある』と言うんだよ」

 中央競馬では夏場を中心に、札幌、函館、新潟、小倉などでローカル競馬が開催される。妻子持ちのジョッキーらにとって、ローカル開催は羽を伸ばせる絶好の機会。くだんのX騎手も例外ではなかった。

「Xは無類の酒好きでね。ローカル開催が始まると、時間を作っては競馬場近くの有名な繁華街に繰り出し、飲んだくれていた。そんな中、ある年、行きつけの高級クラブのツケが何百万円にも膨れ上がってしまったというんだよ」(前出・ベテラン騎手)

 困ったXはそこで一計を案じた。開催後半の重賞レースで自分が騎乗する馬の単勝馬券を知人に頼んでしこたま買い、その払戻金でたまりにたまったツケを一括清算してしまおうとたくらんだというのだ。ベテラン騎手がさらに証言する。

「Xの騎乗馬は人気上位の逃げ馬だったんだけど、競馬は勝ちたいと思って勝てるものではない。そこでXは、同じレースに騎乗する騎手らに『今回はオレに勝たせてくれ』と頼み込んだ。最年長のXに頭を下げられ、みんなしかたなく承服したというんだよ」

 仕込みは万全に思えた。ところが、いざゲートが開くと、あろうことか、Xの乗る逃げ馬が大きく出遅れてしまったのだ。因果を含められていた騎手らが、

「あちゃー、Xさん、出遅れちゃったよ」

「Xさん、どこまで来てる? まだ後ろのほうか」

「おい、大丈夫なのかよ」

 全員が手綱を引っ張りながらこんな会話を交わしていると、スタート後に必死に出ムチをくれていたXが、1コーナー付近でようやくハナに立った。

 もちろん、ここからは予定どおりの出来レース。その後もXを除く全騎手が手綱を引っ張ったままの展開が続き、セーフティリードを保って直線に入ったXの馬はみごとな逃げ切り勝ちを収めたのである。

「めでたく数百万円の払戻金を手にしたXは、そのカネで飲み屋のツケを清算すると、何事もなかったような顔をして、怖いカミサンの待つ自宅に帰っていったというんだけどね」(前出・ベテラン騎手)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    伊藤沙莉、「バストトップ出し&アエギ声」映画用にボイス訓練の“躍進女優力”

    161972

    若手女優きってのバイプレイヤー伊藤沙莉(26)の大躍進が止まらない。どこか親近感を持てるルックスと独特のハスキーボイスを携えて映画に引っ張りだこだというのだ。「主演の伊藤健太郎のひき逃げのためにお蔵入りになりかけた11月6日公開の『十二単衣…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
日テレ水卜麻美、「スッキリ」卒業で色白Eバスト求め視聴者も「ZIP!」大移動!?
2
桑田真澄、クロマティが明かしていた巨人に15年間も呼ばれなかった理由
3
割れ目のドアップが?綾瀬はるか、「天国と地獄」で見せた“よつんばい”ポーズの衝撃!
4
茂木健一郎、鼻マスク受験生“頑な擁護”で想起される「松本人志とのイザコザ」
5
太川陽介「バス旅」パートナーの意外過ぎる人選と懸念ポイント