芸能

ドラマ美女たちの「フェロモン合戦」をナマ報告!(2)女性もウットリする吉田羊の着物姿

20160204d

 大泉が扮する真田幸村の兄・信幸の妻役に起用された吉田羊(年齢非公表)は、現場で妖艶な存在感を発揮していた。

「仕事のスケジュールが詰まっていたのですが、何としても出演してほしかったので、頼み込んで実現しました。衣装合わせでは、着物姿の凛としたたたずまいに女性スタッフさえウットリしていた」(NHK関係者)

 吉田の衣装姿には、エキストラ男性も拍手を送る。

「張り出して持て余すことのない和尻は、江戸の花街・柳橋で働く芸妓のように、しゃなりしゃなりとした“柳尻”でしたね」

 映画評論家の秋本鉄次氏も吉田の尻をこう評する。

「スレンダーでありながら肉感的。これまでの出演作品でも、スーツを着た時の後ろ姿が印象に残っていて、美尻がキュッと持ち上がって形のよさが際立ち、妙な興奮を覚えるんです」

 真田丸で大河デビューする黒木華(25)は、14年に映画「小さいおうち」(松竹)でベルリン国際映画祭最優秀女優賞を受賞し、実力派として知られている。

「意気込みがすごくて、台本を読み込んで役に入っているので休憩中もピリピリした空気が流れています。長澤さんとの共演シーンが多いのですが、あまり話しているところは見ていません」(前出・NHK関係者)

 上智大学(メディア論)の碓井広義教授も黒木華に注目している。

「まず役柄として、信繁の側室役の長澤さんと社会的地位は下ながら信繁の子供を生む黒木さん、この対立構造がおもしろいですね。女優としての長澤さんはこのところ横並びで一歩抜け出せていません。黒木さんは急成長中なのでバチバチ演技でやり合って、黒木華のほうが存在感あるじゃんって言わせてほしいです」

 共演シーンが楽しみだが、黒木のお尻の評価はイマイチ。前出のエキストラの男性が残念そうに言う。

「健康的な安産型ではあるのですが、色気はまったく感じなかった‥‥」

 前出の秋本氏も同意見のようだ。

「顔は美人なのですが、濡れ場の経験がほとんどなくよくも悪くも“無菌状態”。色っぽさがなさすぎて、男性人気はどうでしょうか」

 同じく大河初出演の竹内結子(35)について、前出の碓井教授はこう絶賛する。

「個人的にデビューした頃から好きな女優。凛とした美しさがあり、聡明な印象があります。結婚した時には、中村(獅童)は何てことするんだと激怒しましたが、別れたのでよしとしました(笑)。豊臣秀吉の側室の茶々はおもしろいキャラクターなので、いろいろな経験をして35歳を迎えた竹内さんが天下人をどう翻弄するのか見ものです」

 撮影現場では、共演者の鈴木京香(47)と何やら不穏な雰囲気だという。

「理由はわからないのですが、正室役の京香さんとの関係があまりうまくいっていないようです。会話どころか目も合わせようとせず、スタッフも困惑しています」(前出・NHK関係者)

 竹内には私生活で、こんな変化があったようだ。

「都内の高級マンションに小学生の息子と暮らしています。離婚してからも中村さんと何度か3人で近所のコンビニに来ていましたが、昨年1月に中村さんが別の女性と再婚してからは見かけなくなりました」(近隣の住人)

 シングルマザーになって竹内は子供に対して、こんな夢を抱いているという。

「今は大学付属の小学校に通わせていますが、将来は東大に入学させたいそうです。以前、冗談っぽい口調で、『歌舞伎役者ではなく官僚にさせたい』と言っていました」(芸能プロ関係者)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    春の“ゆらぎ肌”で頬が赤く…赤ら顔は化粧水で簡単ケア!

    Sponsored
    91796

    春はさまざまな環境の変化から、肌トラブルが起こりやすい季節といわれます。朝晩の寒暖差、春風に舞う花粉などの刺激物質、暖かくなったことによる皮脂分泌の増加といった気候の変化に加え、新生活によるストレスなども、肌に影響を及ぼすようです。これらは…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧のスペシャリストが教える血圧を下げる6つの裏ワザ

    40代以上の男性の6割が、高血圧と言われる中、「深呼吸」など簡単な方法で、みるみる血圧を下げることができるというマニュアル本が話題となっている。高血圧のスペシャリストが教える“血圧を下げる秘策”とは──。「数字ばかりが独り歩きし、『降圧剤、…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

    【一杯酒場】東京・蒲田「うなぎ家」

    97639

    うなぎ串焼からナポリタンまで「蒲田価格」を象徴する立ち飲み味と価格、両方にうるさい地元民が重視する「蒲田価格」を象徴するような「うなぎ家」は、立派なうなぎの串焼きをなんと1本300円で出す店。大将が「仕事帰りの人たちに、ポケットマネーで美味…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
TBS「ブラックペアン」主演が竹内涼真から二宮和也に変更された裏事情
2
「重病説」が飛び交うホリケンの「顔色が悪い本当の理由」とは?
3
「やりたくない!」米倉涼子が「ドクターX」続編を断ったワケ
4
大橋未歩の離婚&再婚に「介護してくれた旦那をよく捨てられたな」の大合唱
5
ローラ、インスタ公開した“胸の渓谷ショット”がいろいろな意味で深すぎ!