芸能

みのもんたにとっては他人事ではない石坂浩二の「陰湿イジメ事件」

20160205mino

「開運!なんでも鑑定団」(テレビ東京系)の番組制作責任者が、2年に渡って司会を務める石坂浩二のコメントを意図的に編集でカットするように指示していたという“陰湿イジメ”が話題になっているが、テレビ業界からは“こういった事実はよくあること”だという意見を耳にする。

「雛段がウリのバラエティ番組では、プロデューサーお気に入りのタレントのコメントを意図的に使って、テロップでコメントをフォローするなんて編集の基本中の基本。他から爆笑しているタレントの顔を持ってきて、そのタレントがさも受けているように見せることで、編集するディレクターもプロデューサーのご機嫌をとると言うわけです」(制作会社スタッフ)

 なるほど、そのあたりをチェックしながらバラエティ番組を観ていると、どのタレントがプロデューサーの“オキニ”なのかが見えてくるかもしれない。

「一番厄介なのは、スポンサーや視聴者の意向をくみ取らないといけない場合です。たとえば、次男が不祥事を起こしたみのもんたの場合、TBSの報道番組『朝ズバッ!』や『サタデーずばっと』は降板となりましたが、唯一、残っているレギュラー番組『秘密のケンミンSHOW』(日本テレビ系)ではみのさんの出番はあの事件以来編集で大幅にカットされています」(テレビ局関係者)

 確かに出演者が大勢出ているため、あまり気がつかなかったが、そう言われてみれば確かにそんな気もする。

「司会進行は、もう一人のMCである久本雅美が仕切っていますし、地方の特産品を食べている姿は目にするものの、コメントがあまり使われていませんね。そこにはスポンサーへの配慮、そして『みのもんたを出すな』という視聴者からのクレームへの気配りが見られます」(前出・テレビ局関係者)

 本人は“いつか報道番組に返り咲く”と鼻息は荒いが、現在の扱いは石坂浩二とほとんど同じになっているようだ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    参加無料の賞金大会実況リポート!いま激アツなオンライン麻雀の“リアル”

    Sponsored
    156506

    ここ数年、急増している麻雀番組。昨今、超人気アイドルグループをはじめ、グラドル界からも麻雀にハマるメンバーが続々登場。彼女たちの間では「グラドル雀士枠」の争奪戦も展開されているとか。もはや可愛いさだけではなくプロとも渡り合えるガチな雀力が求…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    アラフォー男性の健康トラブルが増えている!?“人生100年時代”を生き抜く3つのヒントとは?

    Sponsored
    155376

    “貧乏暇なし”とはよくいったもので、来る日も来る日も働きづめでストレスはたまる一方だ。暴飲暴食で食生活は乱れ、疲れがなかなかとれないばかりか、眠りは浅く熟睡もできない。こんな毎日だから朝から体がダルいし、集中力や判断力が鈍って仕事ではミスば…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
原田知世巡る“最低ネタ”が原因!?田中圭が「ゴチ」で太田光をガン無視したワケ
2
藤田ニコル「アレを我慢するのが得意」発言でベッドの中でも“ドM”確定説
3
復帰の小川彩佳に注目が集まる「ミルクタンクバスト」露わの視聴率浮揚策
4
原監督が10年越しで“約束”を果たした「あのFA左腕」入団の裏側
5
太川陽介が「バス旅」で痛恨のミス連発!旅番組引退の危機も?