芸能

TBS吉田明世アナ、熱愛発覚直前の「ピル服用」発言に男性視聴者がニンマリ

20160211yoshidaana

 TBSがゴリ押し中の入社5年目、吉田明世アナに熱愛スキャンダルが浮上した。

 吉田アナは写真週刊誌「FRIDAY」で、広告代理店に勤める年上男性との交際が報じられており、見るからにカップルとわかるような腕組みデート写真も掲載されている。同誌によればすでに半同棲中とのこと。吉田アナも同日放送の朝の情報番組「白熱ライブ ビビット」で交際の事実を認めた。

「じつは同局の先輩、小林悠アナも『週刊ポスト』にデート写真が掲載されているのですが、こちらは何の説明もなし。それと比較し、潔い態度を見せた吉田アナの好感度がアップした形です」(芸能ライター)

 さらに、吉田アナの“ある発言”が男性視聴者の下半身感度までアップさせているという。週刊誌記者が明かす。

「吉田アナは熱愛報道が出るちょうど1週間前に放送された情報バラエティ番組『爆報!THEフライデー』で、なんと『ピルを服用している』と発言していました。もちろん、避妊以外の効能もあるし、番組で堂々と発言しているだけに一概に決めつけられませんが、彼氏と半同棲中ということが発覚したことで、“何のためにピルを飲んでいたのか”と妄想が止まらないようです」

 さらにこの週刊誌記者は興奮気味に続ける。

「1月26日に放送された『ラストキス~最後にキスするデート』で、50代男性から吉田アナが“スケベそうな顔をしている”といった意見があったのですが、それについて吉田アナは『全然ですけどね』と否定。それに対し、先輩の出水麻衣アナが『全然?』と、笑いながら吉田アナに疑問形で聞き返していました。それにあわてた吉田アナが『“顔”ですよ?』とフォロー。発言の意味に気づいた出水アナが『あ、顔‥‥そっか(笑)』と、焦り気味に反応していました。吉田アナの夜の活動は相当なものだと想像させるに十分なやり取りでした」

 好意的に解釈すれば、彼氏との夜の営みもしっかり“セーフ”にしているわけで、報道の立場の人間としてきちんとしていると言える。それでもやっぱり、ついニヤけてしまうのが男の性だろうか。

(田中康)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

    高血圧のスペシャリストが教える血圧を下げる6つの裏ワザ

    40代以上の男性の6割が、高血圧と言われる中、「深呼吸」など簡単な方法で、みるみる血圧を下げることができるというマニュアル本が話題となっている。高血圧のスペシャリストが教える“血圧を下げる秘策”とは──。「数字ばかりが独り歩きし、『降圧剤、…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
デカすぎ!「半分、青い。」永野芽郁のボディコン姿に浮上した“疑惑”とは?
2
西城秀樹「急逝報道」での安藤優子“ナマ号泣”に視聴者から冷ややかな声が!
3
坂口杏里、踊り子デビューも「集客方法」が前代未聞レベルの必死さ!
4
酒好き美女7人の「酔い乱れ」現場(1)説教モードに入る新垣結衣
5
山口達也に続きさんまも「標的」に!? 泰葉の“便乗商法”に世間はウンザリ