芸能

天才テリー伊藤対談「夏川純」(1)まだママキャラが浸透していません

20160218s

●ゲスト:夏川純(なつかわ・じゅん) 1980年、広島県生まれ。03年、グラビアを中心に活動をスタート、同年には初の写真集「believe」(学研)を出版。04年、テレ朝エンジェルアイ2004の一員として選ばれる。その後、「志村けんのだいじょうぶだぁII」(フジテレビ系)、「アッコにおまかせ!」(TBS系)などのさまざまなバラエティ番組で活躍。12年、日本最大のファッションショー「神戸コレクション2012AW」では、MCを務めた。11年には、一般男性と結婚。13年、第1子を出産。現在は子育てをしながら「テキトーTV」(テレビ朝日系)、「快傑えみちゃんねる」(関西テレビ系)などに出演中。

 グラビアアイドルとしてバラエティ番組などで人気を博し、結婚・出産後はマイペースに活躍中の夏川純。ママになった現在も、そのかわいらしさは変わらない。今回は天才テリーを相手に、年齢詐称、地に足ついた家庭生活、そして世間が注目する「あの事件」を語り尽くす!?

テリー やぁ、久しぶりに会うけど、全然変わらないね。いくつになった?

夏川 35歳になりました。

テリー ええっ、そんな年には見えないな。

夏川 ありがとうございます。でも、すっかり体力が落ちちゃいました。朝まで起きていられなくて、すぐ眠くなっちゃう。お酒もめっきり弱くなりました。

テリー それは子供がいるからしょうがないよ。まだ小さいんだろ、今日は大丈夫なの?

夏川 2歳3カ月ですね。お仕事の時は実家に預かってもらってるんです。

テリー そうか、今は子育て中心の生活なんだな。ママドル的な仕事は増えた?

夏川 私、実はまだママキャラが浸透してないみたいで(笑)、今は結婚前からやらせていただいてる準レギュラーとか関西の情報バラエティが中心で、あまり仕事が変わった印象もないんですよ。

テリー まあ確かに、とても子供がいるようには見えないしな(笑)。ところで、夏川はどうやって芸能界に入ってきたんだっけ?

夏川 今の事務所に履歴書を送ったんです。22の時でしたね。

テリー それまでは何をしてたの?

夏川 カラオケボックスのアルバイトです。高校の時も、コンビニとか不動産会社でバイトしてました。

テリー えっ、高校生が不動産会社に! そりゃまた渋いね。

夏川 その時はもう18歳だったので、春休みにちょっとだけやったんですよ。

テリー 夏川はとびきりかわいいから、バイト先でも目立つよな。

夏川 そんなことないですよ。お友達にすごいきれいなコが多かったから、私なんて全然目立たなかったです。

テリー ウソだね! 自分のことをかわいいと思ってたから、アイドルになろうとしたんだろ!

夏川 アハハハハ! ホントにそんなことないんですよ。私、飽き性でアルバイトもほとんど長続きしなくて、自分がやりたいこともよくわからなくて。でも、芸能界には興味があって、もう22歳だったし、「最後のチャンスだ!」と思って履歴書を送ったんです。

テリー 確かに今どき、22歳でアイドルを目指すのはちょっと遅いか。しかし、よく受かったよな。

夏川 すぐに社長から電話がかかってきて、事務所でお会いして、その日のうちに所属が決まりました。

テリー となると、「よし、この娘は水着で売り出そう!」ってことになるでしょう?

夏川 ええ、でも私は水着になるのは抵抗があったんですよ。今より5キロも太ってたから、すごく恥ずかしくて。

テリー じゃあ、オッパイもその分、大きかったんだろ? いいじゃない。

夏川 それがオッパイは全然なかったんです。よけいなところにお肉がついてるだけで(笑)。

テリー 男はそれで十分なんだけどな。でも事務所はセクシー路線で売り出したかったんだよな? 「夏川、手ブラでいくぞ!」みたいな感じで。

夏川 セクシーというより、貧乳で童顔だったから、ちょっと幼さを強調して売り出す感じですかね。それで、私の年齢にも誤差が生じたんだと思います、フフフ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
石橋貴明もショック?「細かすぎモノマネ」に木梨憲武が出演しない理由
2
松本人志、BTS原爆Tシャツ問題に“号泣マジギレ”も十分ありえた「過去言動」!
3
高橋一生主演「僕らは奇跡でできている」の北香那に絶賛の声があがる理由
4
視聴者大パニック!有村架純「中学聖日記」公式サイトが衝撃展開を示唆!?
5
急落TV美女に「戦力外通告」の非情現場(3)かつてのスーパーアイドル・中山美穂も…