スポーツ

サッカー五輪代表監督・手倉森誠の“カンニング竹山”な選手操縦術(1)現役時代はダメダメな選手生活だったが…

20160218h

 高校時代からスター街道を歩んできた「番長・清原」がクスリに溺れてオウンゴール。一方、同じ年に生まれ、同学年ながら、日の当たらないサッカー人生を送ってきたU-23日本代表の手倉森誠監督(48)は、「直感采配」でリオ五輪の出場権を獲得し、脚光を浴びた。

 これまで世代別のアジア大会でベスト8の壁を突破できず、練習試合でもJ2京都やJ3町田に敗れ、「負け癖」がついていたサッカーの五輪代表。さして期待されてもいなかった中、リオ五輪最終予選を兼ねたアジア選手権が開幕すると、下馬評を一変、無傷で決勝まで駆け上がり、宿敵・韓国に大逆転で優勝したのだ“つまずき”から始まっていた。サッカージャーナリストの六川亨氏が話す。

「青森の五戸高出身で、86年冬の選手権では双子の弟・浩と一緒に出場してベスト8に進出。当時からずんぐりむっくりの体形なので、『キングコング・ブラザーズ』と呼ばれていました」

 卒業後は日本サッカーリーグ2部の住友金属(鹿島アントラーズの前身)に入団。

「トップレベルの実力があったわけでもなく、真面目な選手ではなかった。二日酔いで練習したり、パチンコ屋に入り浸っては、チームメイトの“神様”ジーコが探しに来ると、パチンコ台の下に隠れて逃げていたそうです」(前出・六川氏)

 Jリーグ開幕前年の92年にクビを宣告されると、青森での居酒屋経営を思い立つ。しかし、資金を増やすため向かった先は、中山競馬場。全財産の1200万円の半分を1日で使うと、翌日は600万円を1点買いして外し“オケラ”となる。命を絶つことも頭をよぎっていた時、NEC山形(モンテディオ山形の前身)からオファーが届き、改心してギャンブルを断ったという。

 同世代で活躍する中山雅史(48)らが引退した時、監督としての経験値で差をつけておくため、28歳で現役を退き指導者に転身。山形、大分、仙台のコーチを歴任した。

「05年、ヴェルディ川崎出身で元日本代表の都並敏史さん(54)がベガルタ仙台の監督に就任しました。しかし成績が振るわず、そのたびに都並さんは『俺がヴェルディにいた時は‥‥』『ヴェルディでは‥‥』と口にしながら選手を指導し続けました」(ベガルタ仙台関係者)

 しかし、コーチだった手倉森監督は、

「今の子に過去の栄光を話しても響きませんよ」

 と、ピシャリ。選手の立場になって意見をぶつけていたという。

 08年に仙台の監督に就任すると、優勝争いを演じるほどに鍛え上げていった。

「練習後はジャージ姿で仙台の繁華街に行き、店で会ったサポーターと酒を飲んでいました。試合に負けるとゲン直しで家のトイレと風呂を掃除して、汚れと負けをすっきり流していたそうです」(前出・仙台関係者)

「何があっても、俺はうまくいく」というのが口癖で、楽観主義者だったという。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    伊藤沙莉、「バストトップ出し&アエギ声」映画用にボイス訓練の“躍進女優力”

    161972

    若手女優きってのバイプレイヤー伊藤沙莉(26)の大躍進が止まらない。どこか親近感を持てるルックスと独特のハスキーボイスを携えて映画に引っ張りだこだというのだ。「主演の伊藤健太郎のひき逃げのためにお蔵入りになりかけた11月6日公開の『十二単衣…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
王監督を激怒させたホークス“大乱闘”の内幕
2
日テレ水卜麻美、「スッキリ」卒業で色白Eバスト求め視聴者も「ZIP!」大移動!?
3
太川陽介「バス旅」パートナーの意外過ぎる人選と懸念ポイント
4
本田望結、オトナへの成長が目覚ましい“ぽっちゃりセーラー”の大絶賛!
5
坂口杏里、“顔だけなら坂道グループにいそう”自画自賛発言にネット民猛反発