芸能

川栄李奈の「デスノート」出演で本当に命運が絶たれる元AKBとは?

20160226kawaei

 元AKB48の川栄李奈が、今秋公開の映画「デスノート2016」にて史上最悪のデスノート所有者こと青井さくらを演じることがわかった。さくらはデスノートで無差別殺人を繰り返し、劇中では川栄の周りにいる役者がバタバタと倒れていくシーンもあるという。そんな川栄が現実世界でも、とある女優の命運を絶つと語るのは、アイドル誌のライターだ。

「舞台や朝ドラで演技のキャリアを積んでいる川栄は、本作品で女優としての評価がさらに高まるはず。それで割を食うのが女優落第の烙印を押されつつある板野友美でしょうね。アイドル時代の知名度では板野よりはるかに下だった川栄ですが、最近は『AKB出身なのに演技が上手い』との評価もあり、グループ卒業後に下剋上を果たした形です」

 AKB48出身者では前田敦子や大島優子も女優として活躍しているが、「エースだったんだから人気があって当然」と割り引いて見られがち。それに対して一般的な知名度の低かった川栄は、その演技力を素直に評価してもらえるようだ。アイドル当時は薄すぎると言われていた顔つきも、演技の上では特定の色が付かないので有利に働くなど、元々の素養が女優向きだった可能性もある。前出のアイドル誌ライターが続ける。

「板野が主演を務める映画『のぞきめ』(4月2日公開)は、所属事務所が“板野救済”のために制作したと揶揄されています。ネット上では『タイトルってよわりめだっけ、それともたたりめ?』と小バカにされ、興行的にも爆死確定と言われるほど。女優として成功できるかどうかは才能次第なわけですが、よもや板野も後輩の川栄に引導を渡されるとは思ってもいなかったでしょうね」

 選抜総選挙では最高4位だった板野が、女優の世界では同16位の後輩に大きく水を開けられる始末。もしかしたら今ごろ、卒業を早まらなければ良かったと歯ぎしりしているかもしれない。

(金田麻有)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
徳光さんも激賞!「嵐の24時間テレビ」、日テレの「続投」思惑を阻む“壁”とは?
2
二階堂ふみ「情熱バスト」で宮沢りえ、沢尻エリカを圧倒も懸念される材料とは?
3
蘇る“朝ドラ女優”の艶演技(1)闇夜の一人プレイで豪快に果てた尾野真千子
4
「あな番」で演技力を知らしめた横浜流星を最終回で待ち受けていた残念な設定!
5
胸の先端がピンコ立ち!映画「人間失格」で「マッパになった」大物女優とは