芸能

川栄李奈の「デスノート」出演で本当に命運が絶たれる元AKBとは?

20160226kawaei

 元AKB48の川栄李奈が、今秋公開の映画「デスノート2016」にて史上最悪のデスノート所有者こと青井さくらを演じることがわかった。さくらはデスノートで無差別殺人を繰り返し、劇中では川栄の周りにいる役者がバタバタと倒れていくシーンもあるという。そんな川栄が現実世界でも、とある女優の命運を絶つと語るのは、アイドル誌のライターだ。

「舞台や朝ドラで演技のキャリアを積んでいる川栄は、本作品で女優としての評価がさらに高まるはず。それで割を食うのが女優落第の烙印を押されつつある板野友美でしょうね。アイドル時代の知名度では板野よりはるかに下だった川栄ですが、最近は『AKB出身なのに演技が上手い』との評価もあり、グループ卒業後に下剋上を果たした形です」

 AKB48出身者では前田敦子や大島優子も女優として活躍しているが、「エースだったんだから人気があって当然」と割り引いて見られがち。それに対して一般的な知名度の低かった川栄は、その演技力を素直に評価してもらえるようだ。アイドル当時は薄すぎると言われていた顔つきも、演技の上では特定の色が付かないので有利に働くなど、元々の素養が女優向きだった可能性もある。前出のアイドル誌ライターが続ける。

「板野が主演を務める映画『のぞきめ』(4月2日公開)は、所属事務所が“板野救済”のために制作したと揶揄されています。ネット上では『タイトルってよわりめだっけ、それともたたりめ?』と小バカにされ、興行的にも爆死確定と言われるほど。女優として成功できるかどうかは才能次第なわけですが、よもや板野も後輩の川栄に引導を渡されるとは思ってもいなかったでしょうね」

 選抜総選挙では最高4位だった板野が、女優の世界では同16位の後輩に大きく水を開けられる始末。もしかしたら今ごろ、卒業を早まらなければ良かったと歯ぎしりしているかもしれない。

(金田麻有)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    【緊急座談会】中年世代にど真ん中の夏カジュアルはあるのか!?

    Sponsored
    182685

    40代ともなると違和感を感じ始めるのが、休日のカジュアルファッションだ。体型が変わったり、若い頃に着ていた服が似合わなくなったり「何を着たらいいか分からなくなる」のがこの世代の特徴。昔ほどお金をかけるわけにもいかず、とりあえず安価なユニクロ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    クラファン発!最先端サプリ「スパルトT5」の実力と評判とは?

    Sponsored
    182842

    コロナ禍は、生活様式も働き方も大きく変えた。「仕事帰りにちょっと一杯」も難しくなった今、ビジネスの最前線で活躍する現役世代を蝕む過大なストレスが問題となっている。そんな精神的負担も原因なのか、これまで高齢男性に多かった“夜の悩み”を訴える3…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

注目キーワード

人気記事

1
「木村文乃のバストを揉みしだく」東出昌大との驚愕映像に羨望の声!
2
皆藤愛子“復活”で注目を集めた色白“透け衣装バスト”の膨らみ具合
3
新井恵理那、「コスプレ7変化」披露で大反響呼んだエグすぎる“爆裂バスト”
4
小泉今日子が言及した「安室奈美恵が引退しちゃった」ワケ
5
小芝風花、「舌入れ疑惑キス&バストタッチ」過激化するラブ描写にネット騒然!