芸能

川栄李奈の「デスノート」出演で本当に命運が絶たれる元AKBとは?

20160226kawaei

 元AKB48の川栄李奈が、今秋公開の映画「デスノート2016」にて史上最悪のデスノート所有者こと青井さくらを演じることがわかった。さくらはデスノートで無差別殺人を繰り返し、劇中では川栄の周りにいる役者がバタバタと倒れていくシーンもあるという。そんな川栄が現実世界でも、とある女優の命運を絶つと語るのは、アイドル誌のライターだ。

「舞台や朝ドラで演技のキャリアを積んでいる川栄は、本作品で女優としての評価がさらに高まるはず。それで割を食うのが女優落第の烙印を押されつつある板野友美でしょうね。アイドル時代の知名度では板野よりはるかに下だった川栄ですが、最近は『AKB出身なのに演技が上手い』との評価もあり、グループ卒業後に下剋上を果たした形です」

 AKB48出身者では前田敦子や大島優子も女優として活躍しているが、「エースだったんだから人気があって当然」と割り引いて見られがち。それに対して一般的な知名度の低かった川栄は、その演技力を素直に評価してもらえるようだ。アイドル当時は薄すぎると言われていた顔つきも、演技の上では特定の色が付かないので有利に働くなど、元々の素養が女優向きだった可能性もある。前出のアイドル誌ライターが続ける。

「板野が主演を務める映画『のぞきめ』(4月2日公開)は、所属事務所が“板野救済”のために制作したと揶揄されています。ネット上では『タイトルってよわりめだっけ、それともたたりめ?』と小バカにされ、興行的にも爆死確定と言われるほど。女優として成功できるかどうかは才能次第なわけですが、よもや板野も後輩の川栄に引導を渡されるとは思ってもいなかったでしょうね」

 選抜総選挙では最高4位だった板野が、女優の世界では同16位の後輩に大きく水を開けられる始末。もしかしたら今ごろ、卒業を早まらなければ良かったと歯ぎしりしているかもしれない。

(金田麻有)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    参加無料の賞金大会実況リポート!いま激アツなオンライン麻雀の“リアル”

    Sponsored
    156506

    ここ数年、急増している麻雀番組。昨今、超人気アイドルグループをはじめ、グラドル界からも麻雀にハマるメンバーが続々登場。彼女たちの間では「グラドル雀士枠」の争奪戦も展開されているとか。もはや可愛いさだけではなくプロとも渡り合えるガチな雀力が求…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    アラフォー男性の健康トラブルが増えている!?“人生100年時代”を生き抜く3つのヒントとは?

    Sponsored
    155376

    “貧乏暇なし”とはよくいったもので、来る日も来る日も働きづめでストレスはたまる一方だ。暴飲暴食で食生活は乱れ、疲れがなかなかとれないばかりか、眠りは浅く熟睡もできない。こんな毎日だから朝から体がダルいし、集中力や判断力が鈍って仕事ではミスば…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
原田知世巡る“最低ネタ”が原因!?田中圭が「ゴチ」で太田光をガン無視したワケ
2
藤田ニコル「アレを我慢するのが得意」発言でベッドの中でも“ドM”確定説
3
復帰の小川彩佳に注目が集まる「ミルクタンクバスト」露わの視聴率浮揚策
4
原監督が10年越しで“約束”を果たした「あのFA左腕」入団の裏側
5
芦田愛菜「16歳」のマルモリ野望(1)大手進学塾でトップクラス