芸能

桂文枝 20年不貞関係の“何を今さら”女性遍歴(2)師匠が女性を落とすテクニック

20160310e2nd

 吉本興業関係者がアキレ顔で語る。

「師匠の若い娘好きは有名で、マネージャーに若い女性をつけるのは、吉本での常識です。スタッフの打ち合わせなどの飲食代を気前よく支払うし、フェミニスト。マメで優しいので若い娘から好かれるんですよ」

 かつて文枝と関係のあったタレント女性を知る人物が明かす。

「彼女は大阪ローカルの文枝のレギュラー番組でエキストラというか、『その他大勢』的な出演者だった。それが文枝に口説かれて愛人になったら、アシスタントに昇格したんですわ。彼女は所属事務所の幹部に『口説かれてるんです』と相談したところ、『文枝と寝て仕事取ってこい』と言われたそうです(笑)。下半身も落語同様、勢い十分らしく、彼女は『トシよりはかなり元気』と言うてましたね」

 文枝が女性をオトす手口はこうだ。

「共演者、女性マネージャー、番組スタッフ‥‥とにかく身近な女性に手をつけるのが典型的なパターンですわ。まず、食事に誘う。『ここで待っててくれ』と店を指定し、女性がそこに行くと弟子が4、5人いる。師匠が来るまでの間、弟子たちが『ねえさん、師匠が来るまで私どもで‥‥』と、いたれりつくせりのサービスでチヤホヤして盛り上げるんです。お姫様扱いですね。そういうふうにされたところに、1時間ほどして師匠が『待たせたな』と言って入ってくる。そりゃ、女性はコロッといきまっせ」(前出・吉本興業関係者)

 大阪の芸能関係者によれば、

「以前、文枝の弟子の一人と会っている時、『これから師匠のカノジョのお世話をしに行かなアカンのですわ』と言いよりました。弟子たちにしてみれば、『(文枝が)図に乗りすぎると困る』ということでしたが」

「鉄板シナリオ」に沿い、弟子たちの巧みな演出によって欲望を満たす文枝は、愛人への待遇もバッチリ。

「ブランドの洋服やバッグを惜しみなく買い与え、一部のお気に入りの子には『お手当』とは別に、クレジットカードを持たせ、好きに使わせていたみたいです。ちなみに『お手当』は一律60万円だと聞きましたが」(前出・吉本興業関係者)

 先の元愛人タレントは、知人にこんな話も打ち明けていたという。

「私以外にも何人か愛人を掛け持ちしていました。そういうこともあって、(2人の関係は)徐々にフェイドアウトしていった‥‥」

 そんな多忙極まる「性活」を満喫していただけに、

「仕事で各地を飛び回っているということもあるけど、この20年、妻子が待つ家に帰ることは非常に少なかったと聞いています」(前出・吉本興業関係者)

 というから、その絶倫ぶりは推して知るべし、なのである。

カテゴリー: 芸能   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    伊藤沙莉、「バストトップ出し&アエギ声」映画用にボイス訓練の“躍進女優力”

    161972

    若手女優きってのバイプレイヤー伊藤沙莉(26)の大躍進が止まらない。どこか親近感を持てるルックスと独特のハスキーボイスを携えて映画に引っ張りだこだというのだ。「主演の伊藤健太郎のひき逃げのためにお蔵入りになりかけた11月6日公開の『十二単衣…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
日テレ水卜麻美、「スッキリ」卒業で色白Eバスト求め視聴者も「ZIP!」大移動!?
2
桑田真澄、クロマティが明かしていた巨人に15年間も呼ばれなかった理由
3
王監督を激怒させたホークス“大乱闘”の内幕
4
太川陽介「バス旅」パートナーの意外過ぎる人選と懸念ポイント
5
巨人・原監督、桑田コーチを招聘の裏にあの“大物球団OB”を巡る思惑が!?