芸能

朝ドラ新ヒロイン、高畑充希が歩んできた超ポジティブ人生

20160407takahata

 4月4日、NHK連続テレビ小説「とと姉ちゃん」がスタートした。ヒロインの高畑充希は昨年11月からの収録に出ずっぱりで、多忙な日々を過ごしている。朝ドラヒロインのプレッシャーたるや半端なものではなさそうだが、高畑の場合はまるで心配されてないという。

「性格が図太くて能天気なうえに、前向き。口癖は『何とかなる』です。朝ドラ収録中、思わぬアレルギーで体調を崩しましたが、気合いで治しています。芸歴11年。デビュー3年目にミュージカル『ピーターパン』の主役をゲットし、3時間出ずっぱり、歌って踊っての公演を1日2回、6年間続けた経験があります。あれで度胸も根性もつきました。以来、大役、難役を『何とかなる』精神でやり切り、キャリアを重ねてきた実力派なんですよ」(芸能ライター)

 長丁場を乗り切る必須アイテムが食べ物。朝ドラの収録で食事のシーンを増やしてほしいと願うほどの食いしん坊だとか。今、ハマっているのが、青汁と納豆やヨーグルトなどの発酵食品。元々料理は得意で、鍋でご飯を炊く間におかずをささっと作るなど手際もいい。酒もいけるクチで、日本酒に刺身でまったりするのが至福のひとときだという。残念ながら、心ゆくまで酒を堪能する時間は激減したが、飲み仲間にはコト欠かない。女性誌編集者によれば、

「ドラマ『Q10』共演がきっかけで前田敦子、池松壮亮や柄本時生と仲良くなり、『ブス会』の名をつけてよく飲んでいます。前田が尾上松也と交際していた時には恋バナの聞き役でした。面倒見の良さにひかれた柄本に告白されましたが、即ひじ鉄。その後もしこりを残さず友達付き合いを続ける男前なキャラです」

 朝ドラヒロインが手にするのは全国区の知名度。「有村架純と顔が似ている」として間違えられ続けたのも、ドラマの視聴率上昇とともに消滅するに違いない。

(塩勢知央)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
日本ハム低迷時代を終わらせた新庄剛志監督を球団が本気で恐れる「今年で電撃退任」
2
小川直也が22年後にバラした「猪木の絶対指令」橋本真也を殴る蹴る/スポーツ界を揺るがせた「あの大問題発言」
3
武豊ドウデュース1着固定は危ない!淀の「宝塚記念」に潜む「誰もが触れない」大きな罠
4
息子2人を殺したら実の孫娘に毒殺された戦国武将「粛清王」の末路
5
幸運を呼ぶ新幹線点検車両「ドクターイエロー」が引退!「撮影会と体験乗車」は必ず見られる最後のチャンス