スポーツ

羽生結弦と“あわや激突”でデニス・テンのインスタグラムが大炎上!

20160407hanyuu

 フィギュアスケート世界選手権2016の公式練習で、羽生結弦と接触寸前のトラブルになったデニス・テン。抗議に対して「よくあること。故意に妨害などしていない」とコーチとともに反論したこともあって、彼のインスタグラムには批判や中傷が殺到したという。

「真相はともかく、デニス・テンに投げつけられた中傷は差別的なものも多かったといいます。というのもデニス・テンはカザフスタンの選手ですが韓国系で先祖は抗日戦士。そのルーツを韓国でもてはやされているからです。さらに2年前、キム・ヨナの所属するマネジメント会社“All That Sports”に所属し、一部では親韓派になったと思われているんです」(スポーツライター)

 とはいえ、タラソワコーチのもとで一緒に過ごしたことのあるデニス・テンと浅田真央の仲の良さは有名。浅田が母を亡くした翌夏には振付師・ローリー・ニコルのもとに滞在していたデニス・テンが傷心の浅田を慰め、一緒に時間を過ごしたことも知られている。また、浅田もデニス・テン選手のためならと、休みの間にカザフスタンのアイスショーに出演している。

「確かに不注意ではあったと思いますが、あのデニス・テンが故意にということは考えられない。大会の前でナーバスになっていた羽生が、以前の事故(14年・中国大会)のトラウマで神経質になったのではないかという声が多いですね。リンクの上の話なのに、差別的な中傷が飛び交ったことは残念です」(スポーツ紙記者)

 その後、羽生とデニス・テンは握手で和解。どちらも遺恨を残さず、来季も素晴らしい滑りを見せてほしいものだ。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
ボタンが弾け飛びそう!新井恵理那、“Dバスト”躍動バドミントン動画に絶賛の声
2
テレ東・角谷暁子、ニットがキツそう!まん丸“お椀バスト”がまた進化!?
3
ゴムは常備!? 重盛さと美、32年間お泊りなしの”連れ込み型女子”宣言のワケとは
4
森川夕貴の“電撃婚”で弘中綾香の「円満独立プラン」が頓挫したワケ
5
とんねるず、「タモリのビールをよそにドンペリ」押し通した驚愕バブリー現場