芸能

“良質ドラマ”でゴリ押し表彰された有村架純「いつ恋」唯一の救いとは?

20160424arimura

 あの爆死ドラマが放送終了後に至ってもなお「良質な作品」とゴリ押しされている。質の良いドラマを選ぶオリコンの第3回コンフィデンスアワード・ドラマ賞において、1月クールの月9ドラマ「いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう」(フジテレビ系)が作品賞と脚本賞、そして新人賞(西島隆弘)に選ばれたというのだ。

 同賞はドラマに関する有識者およびマスコミのドラマ・テレビ担当者が審査員を務め、1月クールに放送された全27作品を対象に選出。そのなかで「いつ恋」が「スペシャリスト」(テレビ朝日系)や「フラジャイル」(フジテレビ系)を押さえて、その良質さを認められたのである。この結果についてテレビ誌のライターが憤慨した様子で語る。

「何度も指摘していますが『いつ恋』が若い視聴者から見放されたのは、現代の若者像を描けていなかったからにほかなりません。登場人物がSNSを一切使わないという脚本は完全にアウト。留守電にメッセージを延々吹きこんだり、電話に出ない相手の家に押しかけるなど、ここで描かれているのはすべて20世紀の光景なんです。そんなドラマを良質と感じる審査員は、少しは若者の習俗を勉強すべきでしょう」

 ちなみに有識者枠の審査員は全9人のうち50代が4人、40代が3人を占め、最年少でも37歳。若ければいいとは限らないが、当たり前のように公衆電話を使っていた世代の審査員が、現代の若者を描いたドラマを正当に評価できるのかははなはだ疑問だ。ここで前出のテレビ誌ライターが続ける。

「唯一の救いは新人賞に選ばれた西島隆弘ですね。セリフは棒読み状態だった西島ですが、15年に及ぶ『AAA』のステージで培った表現力を活かした表情には真に迫るものがありました。役者としての知名度がなかったことも、むしろ功を奏したのかもしれません」

 もはやヒロインの有村架純にとっては黒歴史とも言える「いつ恋」だが、そんな作品でも次世代スターを生み出せたなら、存在価値はあったのかもしれない。

(金田麻有)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    実力派ジョッキー戸崎圭太も登場!「KEIRIN GP2019」スペシャル企画動画『The DAN(座談)』をチェックせよ!

    Sponsored
    138500

    12月にもなると「なんだか気持ちが落ち着かない…」というギャンブル好きの読者諸兄も多いことだろう。というのも年末は、競馬の「有馬記念」、競艇の「賞金王」、オートレースの「SS王座」といったビッグレースが目白押しだからだ。競輪では、12月30…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    “男の活力低下”につけこむ甘い罠…手軽に入手できる海外未承認薬の危険過ぎる実態に迫る!

    Sponsored
    133097

    40代50代の中高年男性といえば、人間関係、リストラの恐怖、のしかかる責任感など仕事上の悩みに加えて、妻や子どもとの関係、健康や老後の不安といったプライベートなことまで、さまざまな問題を抱えているもの。そしてこれらがストレスとなり、加齢によ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
NHK赤木野々花が“タオル回し”で発揮した“放送事故”級「Fバスト弾み揺れ」
2
動画で「加工疑惑」払拭!「元ブルゾンちえみ」藤原詩織がやせて美的に大進化
3
綾瀬はるか、韓国人俳優との熱愛報道に飛び交う「ヘイトコメント」の下劣!
4
フジ・内田嶺衣奈 CM中も「イボ隠し」に躍起で局内ブーイング
5
テレ東・須黒清華「3Dスキャン」で88センチの「隠れFカップ」発覚