芸能

2016年春場所「輝く!有名人スキャンダル大賞!」(2)謝罪会見はキムタクも全然得しなかった

20160505_12bb2nd

 独立騒動のSMAPは解散するの?

 丸く収まったわけはないですよね。

 生謝罪、あんなことがあるんだと思って見てたよ。

 あれだけ誰も得しない謝罪会見も珍しい。キムタクだって全然得してないじゃないですか。彼の中の邪悪な面を見てしまった。前からトシちゃんに対するわりと冷淡な発言とか、ああいう組織サイドに付く時のキムタクというのが‥‥。

 組織サイド(笑)。

 いや、僕はキムタク、好きなんですよ。男性アイドルの革命者として、ずっとファンだし。

 前から絶賛してますよね。

 あの騒動の最中、ずーっとスポーツ紙、釘づけだったよね。

 「週刊文春」のメリー喜多川インタビューとか黙殺してた媒体が、それまでの伏線もなく報道を始めたから不自然なんですよ。

 事前に何となく、ということであれば、「スマスマ」にceroという人気のシティポップグループが大抜擢されたんですよ。他の民放にも出たことがないのに。間接的に聞いた話では、何かすげえ怖かったって(笑)。

 スタジオの空気が?

 うん。やっぱり実際のオンエアが例の事件発覚後で、見ると、「確かに‥‥」という感じ。ceroの子たちは見た目、草食系な感じなんだけど、曲に合わせて、キムタクが全ての振りにキムタクアレンジをガンガン入れながら踊ってるの見るとさ、もう現場の空気そのものに、予感が漂ってたんだろうなという。

 そう考えると、ドリフターズはすごいですよ。解散しなかったわけで。

 いかりや長介にギャラをピンハネされても、みんな耐えていた(笑)。

 恐怖政治が行きすぎてたっていうことじゃないですか(笑)。

 今、「スマスマ」のゲスト、出川くんとか出てるよ。

 チャンス!

 ライムスター、チャンスだよ。

 ショーンK経歴詐称。

 悪く言う人はいない。後出しで、みんなコメントの内容に文句つけるのは、ホントに腹立つんだけど。

 整形だなんだって、いじりやすいポイントが多すぎますよね。

 最終的に身長も、というのがおもしろかった。猪瀬元都知事が履いていたシークレットシューズみたいなの。

 あの顔は180センチ以上の体がないと乗っけちゃいけねえ顔なんだよ。

 杉作さんがショーンKには感情移入していますよ。杉作さんも経歴詐称、童貞なのに童貞じゃないフリをしてエロ漫画をずっと描いてたっていう(笑)。で、ずっとバレないかってドキドキしながら描いてて。

 それとショーンKがイコールかどうかは(笑)。

 女性器を知らずにずっと想像で描いてた時代があるから、わかるんですよって。仕事を続けるにはウソつくしかなかった。「たぶん、彼も」って(笑)。

 ベッキー不倫問題。

 ベッキーに対しては、宇多ちゃんは「人間宣言」だと言ってたよね。

 もともと、「おはスタ」時代の怪人ゾナーwithベッキー&カナの「ゾベッカ」というトリオが大好きで。完全にクレイジーな感じだったんです。まあ大人になって落ち着くのは全然いいんだけども。

 大人になってからは、「きれいごとしか言わないベッキー」というキャラになって。

 矢口真里のCMが中止なら、当分復帰はできないよね。

 うーん、ああいうちゃかし方はできないでしょう。でも、2度目に流出したLINE〈堂々とできるキッカケになるかも〉〈ありがとう文春!〉を見て、僕はいいなという感じになっちゃったんですね。要は、これだけのっぴきならない状況になったら、もうこの2人だけが仲よくし合うしかないじゃん。このまま別れずに、2人が叩かれながらもつきあい続けるんだったら、そのほうがいいだろうって。

 ところが音楽誌関係の人から聞くと、「川谷困ってる説」が有力ですよ。軽い気持ちで手を出したらこんなことになっちゃったという。

 えっ!? だとしたら、かなりのアホですよ。どんなに向こうからアタックされても、ベッキーはまずいじゃん。それくらいわかるでしょ? 大変なことになるのは。

<座談会参加者>

:宇多丸 :吉田豪 :水道橋博士 :玉袋筋太郎

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
芸能界「自己責任な女」受難の後始末(1)剛力彩芽はこのまま引退?
2
若林正恭と南沢奈央の破局に、大島優子のファンが安堵するワケ
3
岡村隆史、若林正恭と南沢奈央の破局に“心ない発言”で南沢ファンが怒髪天!
4
めちゃイケの“ヤラセ”までバラされた!「イッテQ騒動」余波が止まらないッ
5
芸能界「自己責任な女」受難の後始末(3)酒井法子が住居を追い出された?