スポーツ

プロ野球「セ・パ交流戦を10倍楽しめる」ベンチ裏“秘”ガイド(3)余裕のソフトバンク・工藤監督

20160609d

 一方で、昨季も含め交流戦を制している王者・ソフトバンクの工藤公康監督(53)は余裕しゃくしゃく。現在、パの首位街道を突っ走っていることもあって口調は滑らかだ。報道陣から、

「交流戦が近づいてきましたね」

 との質問を受けても、

「ウチは対セ・リーグになってもヨソ行きの野球はしない。ふだんどおりにやれば、負ける気なんてサラサラないですよ。おっと、これは原稿にしないでね」

 と失言をするフリをしながらディフェンディング・チャンピオンらしく早くもV宣言を口にしているほどである。スポーツ紙デスクが解説する。

「近年はセ・パの実力格差が広がっているから、よほどの取りこぼしがないかぎり、交流戦期間中のパ上位の大きな順位変動は考えづらい。昨年から1チーム当たり18試合と減ったこともその傾向を強めています」

 ただし、同じパでも下位に沈むチームは交流戦対策どころではない。最下位の楽天、同じくBクラスにあえぐ西武では、まさかの「デーブ待望論」が湧き起こっているほど事態は深刻さを増している。

田邉徳雄監督(50)率いる西武、そして新たに今季から梨田昌孝監督(62)を迎えた楽天は、基本的に“ユルフン”であることが共通していて、失速の大きな原因となっている。実は、両チームの関係者から『まだ大久保(博元)さん(49)がいた頃のほうがマシだった』との声まで飛び出しているほど。結局、こうした悪い状況になった時ほど、1人だけのカラ元気でも大声を張り上げるような人材が必要です。両球団をさまざまなしがらみで退団したデーブが復帰することは考えられませんが、こうしたOBの名前が浮上するほど両チームの現状は厳しい」(パ・リーグ関係者)

 セ・パ交流戦は、過去の歴史を振り返ってみても結果が出ていないセ側から「もうやめるべき」との極論も出始めている。しかし、セ・パ各チームの後半戦を占うターニングポイントとなってきたのも事実。はたしてグラウンド内外でどんな展開を迎えるのか。ペナントを左右する、「ガチンコ勝負」の行方に注視したい。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    実力派ジョッキー戸崎圭太も登場!「KEIRIN GP2019」スペシャル企画動画『The DAN(座談)』をチェックせよ!

    Sponsored
    138500

    12月にもなると「なんだか気持ちが落ち着かない…」というギャンブル好きの読者諸兄も多いことだろう。というのも年末は、競馬の「有馬記念」、競艇の「賞金王」、オートレースの「SS王座」といったビッグレースが目白押しだからだ。競輪では、12月30…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    “男の活力低下”につけこむ甘い罠…手軽に入手できる海外未承認薬の危険過ぎる実態に迫る!

    Sponsored
    133097

    40代50代の中高年男性といえば、人間関係、リストラの恐怖、のしかかる責任感など仕事上の悩みに加えて、妻や子どもとの関係、健康や老後の不安といったプライベートなことまで、さまざまな問題を抱えているもの。そしてこれらがストレスとなり、加齢によ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
許せない!?内田理央の「胸揉まれ艶ドラマ」に地方の視聴者が大激怒のワケ
2
東出昌大と“不貞報道”唐田えりかのインスタグラムの“異変”と“異様”
3
「テセウスの船」で見せた榮倉奈々の“ゾンビ”メイクが放送事故レベル?
4
人前で夜の営みを!?沢尻エリカ、「18歳からクスリ漬け&ハメまくり生活」の衝撃
5
松潤が学会員に!?井上真央の“意味深”インタビューにファンの「複雑胸中」