社会

現役Gメンが明かす「万引き老人」の悲痛実態!(3)“志願兵”を嫌がる警察署

20160707z3rd

「10日ほど前に拘置所から出てきたんだけど、メシは食えないし、寝るところもないから戻りたいんだ」

 応接室でテーブルに並ぶ弁当と総菜を前に、悪びれることなくそう話す男。

「俺、執行猶予中だから逮捕してもらえるよな」

 店からの通報により、程なくして警察官が到着。だが──。

「万引き犯が外国人や暴力団員だった場合は、たとえ盗まれた商品がガム1個でも、警察は逮捕します。ところがホームレスの場合は『こいつらはシャバにいるほうがつらいからな』と、警察が店側に届け出を見送るよう仕向けるケースは少なくありません。すると、そいつがまたやって捕まる。その繰り返し。包丁を万引きした“志願兵”が『捕まえてくれ』と自首したら『ふざけるな』と相手にしてもらえず、とりあえず警察官が同行してホームセンターに包丁を返したあと、管轄外に出してしまった。で、そいつがタクシーを無賃乗車して隣県の警察署に出頭した、という話もあります」

 万引きの事後処理の決定権は被害にあった店の店長にあり、09年に全件通報指導が強化された。だが、身寄りのない高齢者やホームレスの扱いを嫌がる警察は、「金なし」「ヤサなし」「ガラウケ(身柄引き受け先)なし」の三拍子がそろうと、店長に被害申告をさせないよう誘導し、処理を警察に一任させるように促すことも少なくないという。

「だから“志願兵”を捕まえて通報すると、所轄署に露骨に嫌がられます。『留置場の中で死なれたら困るから』と、あからさまに言う警察官もいますね」

 金も食べ物もなく逮捕すらしてもらえない。そこにはまさに、アベノミクスから置き去りにされた老人の現実があった。ジャーナリストの大谷昭宏氏が嘆く。

「例えば、年金が2カ月で13万円の人の場合。月3万円の公営住宅に住んでいれば、ひと月当たりの生活費は恐らく2万~3万円。蓄えがなければ、基礎年金だけで生活していくのは非常に難しい。そういう貧しさが気持ちをすさませ、ふだん食べたことのないような高級な品物に手が出てしまう。アベノミクスなんていうのは大ウソで、ほんの一握りの人が株で恩恵を受けただけ。でも、その人たちだって、今ではスッテンテンになっているはず。国民に貧しさを強いている安倍政権の経済政策のあり方こそが、高齢者を追い詰め、万引きを誘発している要因と言えるでしょう」

 伊東氏は言う。

「彼らはブツに着手したあと、それをしまっても周りの目につかない『死角』を探します。でも店内が混んでいて、なかなか場所が探せない。そんな姿はまるで死に場所を探してさまよっているようで、胸が詰まることがあります」

「新しい判断」などと詭弁を持ち出し、経済政策失敗の責任から逃れようとするアベ政治が続けば、貧困にあえぐ万引き老人はさらに増えることになるだろう。

カテゴリー: 社会   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
石田ゆり子、予想以上に立派な体の部位にファン騒然!完熟ボディの“秘密”か
2
熊田曜子、”歩くか夜の営みしか運動しない”報道で“岡村との過去”が再燃!
3
尾野真千子、「Fバスト口技」熟テクの圧巻!(終)「前張りなしマッパ」で“慰め行為”
4
「人気急騰」明日海りお、宝塚ファンから聞こえてきた男役時代の“意外な評判”
5
加藤綾子、明石家さんまが明らかにした“多忙は関係ナシ”の超肉食オトコ選び