芸能

天才テリー伊藤対談「冠 二郎」(4)奥さんのおかげで人生大逆転だね!

20160714p

テリー もう一つ、絶対聞きたかったことがあるんですよ。僕、正直言って、もう夜のほうはあんまり自信ないんです。

 ああ、なるほど。

テリー 若い女性を満足させられるか不安だから、そういう機会があっても躊躇しちゃう。そのあたり、新婚の冠さんはどうですか?

 それは確かに、俺も不安でした。ただ「歌一筋で行くんだ」と決めて、27年前に酒をやめて、タバコも7年前にやめた。あと、確かに外食は多かったですけど、粗食だったおかげでしょうか、おかげさまで「年齢より体は10歳若い」とお医者さんからお墨付きをもらいました。

テリー おお、健康体だから夜もイケる、と。

 まあ、人並みじゃないですか(笑)。

テリー じゃあ、奥さんも満足させてるんですね。さすがだ。

冠 やっぱり不思議なもので、若い子といると、こっちまで若くなるんですよ。

テリー それは希望が持てるなぁ。もしかしたら、近々お子さんも?

 そうですね。今はまだ、作らないように抑えていますけど。

テリー どうして?

 いや、まだ結婚したばかりですからね。できれば、半年か1年ぐらいは2人だけの時間を過ごしたいんですよ。

テリー そうか。結婚どころか、知り合ってまだ半年ですもんね。

 あとは、この年で子供を育てるのも大変じゃないですか。マネージャーは「楽屋で子守りをすればいい」って言ってくれるんですけど、歌う前、集中しなきゃいけない時にオムツを替えるっていうのは、なかなか難しいですよ(笑)。

テリー しかし、ホントにすばらしい歌手生活50周年の幕開けになりましたね。さっき言ってた「引退」なんて言葉も、すっかり消えたんじゃないですか?

冠 今だから話しますけど、実は一昨年前、右頬肉のところに500円玉ぐらいの大きさの腫瘍ができてしまって、医者に行ったら「口腔ガン」と診断されて。

テリー ええっ!

 で、誰にも内緒で手術したんですよ。幸い、ガンがあったのは声帯よりも手前の部分だったので、歌うことに支障はなかったんですが、昨年は年齢詐称で世間をお騒がせしてしまったじゃないですか。それで、気持ちが落ち込んでいたんですよ。

テリー そんなことがあったんですか‥‥。

 でも今は、2年後に引退どころか、死ぬまで歌ってやろうと思ってるんです。「継続は力なり」ということで、今まで続けられてきたことに感謝しながら、時代をつかんで新しい曲に挑戦したいですね。

テリー それは頼もしい!

 演歌ファンだけじゃなく若い人にも楽しんでもらえる、「炎」「バイキング」みたいなアクション演歌のような、今までにない曲を歌えるとうれしいです。

テリー しかし奥さんのおかげで、人生大逆転だね!

 空から天女がファーっと降りてきた感じですよ。50年歌ってきたご褒美なんでしょうね、きっと。

テリー もう見る景色も変わっちゃってるでしょう?

 町なんか見る余裕ないよね。彼女しか見えないから(笑)。

テリー ハハハ、ごちそうさまでした!

◆テリーからひと言

 冠さんのノロケを誰か止めてくれ! 幸せなのはもう十分わかったから(笑)。でも、そんな冠さんを見てると、こっちまで幸せになるんだよな。お子さん誕生の朗報も待ってますよ!

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
大久保博元が明かした巨人大失敗の内情…原辰徳前監督は「常に無茶振りばっかり」
2
人前ではとても口にできない…鉄道ファンに「残念な愛称」で呼ばれる路線3選
3
中田英寿が中村俊輔の引退試合に出場しなかった理由を盟友・城彰二が告白
4
「すごく迷惑ですね」沖縄せんべろ居酒屋店員が嘆く「招かれざる客」のやりたい放題
5
投資額が10分の1になる「愚の骨頂」…専門家が重大警告「国が後押しする新NISAは地雷だらけ」