政治

田中角栄 日本が酔いしれた親分力(12)心遣いで金の価値を変える

20160714r3rd

 1月6日、7日のサンクレメンテ会談が終わった後、佐藤総理ら代議士、新聞記者団を含めた全員が泊まっている宿舎に、ニクソン大統領はじめ、アメリカ政府の要人たちがやって来た。そこで記者たちは、田中と福田の違いをまざまざと見せつけられることとなる。

 田中系、福田系の1、2年生議員が、あわよくばニクソン大統領と握手でもしている写真を撮れれば、とニクソン大統領や閣僚たちの周りをうろうろしていた。彼らと握手している写真が撮れれば、次の自分の選挙に、この上なく役に立つ。後援会や地元の有力者に対しても、自分の株を上げることができる。

 福田は、アメリカ側の閣僚たちと和気あいあいの雰囲気で肩を叩き合い、「やあやあ」と言いながらも、自分だけがカメラに収まっている。

 ところが田中は違っていた。自分が面倒を見ている1、2年生議員を次々と、ロジャーズ国務長官やコナリー財務長官といった閣僚の元へ連れて行き、できもしない英語で紹介する。

「ハロ、ミスター・ロジャーズ! ヒー・イズ・ケイワ・オクダ!」

 そうして握手をさせると、その議員の秘書、あるいは自民党お抱えのカメラマンに、確実に写真を撮らせる。こまめに、子飼いの議員を入れかわり立ちかわり連れて行く田中の姿は、記者たちに強い印象を残した。

 それは、ニクソン大統領が私邸に佐藤以下を食事に招待した時にも続いた。

 ニクソン大統領の私邸での食事では、全員が1カ所に集まるスペースがない。テーブルはそれぞれが離れていて、1、2年生議員などはまったく蚊帳の外に置かれている。

 田中は、その議員たちをわざわざアメリカ側の閣僚たちが座っているテーブルに連れて行き、紹介し握手をさせた。そして、きちんと写真を撮らせた。それも、1人の閣僚とだけではなく、次々と連れ回した。

 同行した記者は唸った。

〈やはり、こういう真似は、叩きあげの苦労人じゃないと、とてもできない。だからこそみんな“この人のためにひと肌脱ごう!”と、本気になるんだな〉

 記者は、田中と福田の金の使い方の違いにも、改めて思いを馳せた。

 福田は、世田谷区野沢の私邸に子飼いの議員を呼びつけ、そして「これを持ってけ」という感じで、新聞紙に包んだ金を渡した。

 福田は、それを“豪放”だと思っている。いかにも親分らしい、と。

 しかし、相手の議員にしてみれば気持ちは複雑なはずだ。金は欲しい。しかし、「くれてやる」とばかりの態度で金を渡されると、ありがたいという気持ちよりも惨めさが先に立つ。

 田中は、まったく違っていた。わざわざ自分で、子飼いの議員のところへ金を持っていく。もし自分が行けない場合は、先に相手に電話をかけて伝えた。

「使いの者に持たせるから‥‥」

 どうぞ、頼むからもらってください、と言わんばかりだ。こうなると、例え同じ300万円でも、その価値は大きく違ってくる。

〈この調子では、次期総理は福田が本命どころか、逆転して田中になるかもしれんぞ〉

 田中は、この時ニクソン大統領が困っているロッキードの売り込みについても、助け船を出していた。

「私は、先だって繊維の件も一発で片づけたじゃないですか。私の実力は、買って損はない。何でも言ってください」

 田中は、すさまじい闘志を燃やしていた。

〈さあ、これから本格的な決戦だ!〉

作家:大下英治

カテゴリー: 政治   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    実力派ジョッキー戸崎圭太も登場!「KEIRIN GP2019」スペシャル企画動画『The DAN(座談)』をチェックせよ!

    Sponsored
    138500

    12月にもなると「なんだか気持ちが落ち着かない…」というギャンブル好きの読者諸兄も多いことだろう。というのも年末は、競馬の「有馬記念」、競艇の「賞金王」、オートレースの「SS王座」といったビッグレースが目白押しだからだ。競輪では、12月30…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    アラフォー男性の健康トラブルが増えている!?“人生100年時代”を生き抜く3つのヒントとは?

    Sponsored
    155376

    “貧乏暇なし”とはよくいったもので、来る日も来る日も働きづめでストレスはたまる一方だ。暴飲暴食で食生活は乱れ、疲れがなかなかとれないばかりか、眠りは浅く熟睡もできない。こんな毎日だから朝から体がダルいし、集中力や判断力が鈍って仕事ではミスば…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
大きさに戸惑う声も!藤田ニコル、「背泳ぎプカプカ」バスト動画が艶すぎるッ
2
アンダーウェアで外出か!?男子を騒然とさせたマギーのデート写真
3
石原さとみ、「お団子ヘア」が発端で浮上した「脱毛に関する疑惑」
4
「帰れ!」巨人・原監督が坂本勇人に激怒した“1打席で強制帰宅”の裏
5
さらば森田「ギャラ未払いの超人気バラエティ番組」告発で飛び交う憶測!