政治

田中角栄 日本が酔いしれた親分力(21)体当たりで達成した大仕事

20160804r3rd

 午後7時半過ぎ、人民大会堂にいた田中らのもとに、中国側儀典長の韓叙が訪ねてきた。

「今夜、毛沢東主席がお会いしますので、お越しください」

 急遽、午後8時半から毛主席と会談することになった。場所は、北京・中南海の毛沢東邸。中国側からは周恩来首相、姫外相、廖承志外務省顧問が出席した。

 毛沢東は、付箋のついた書籍に埋まるようにして椅子に座っていた。田中らが入っていくと、3人と握手を交わした。

 一同が席に着くと、毛は小さな葉巻を吹かしながらみんなを見まわしながら言った。

「もう喧嘩はすみましたか。喧嘩しなくちゃダメですよ。喧嘩して、初めて仲良くなるのです」

 毛は、「喧嘩はすんだ」という表現で、日中交渉はおおむねまとまったのだろう、という意思表示をしたのであった。

 田中は言った。

「周首相と円満に話し合っております」

 毛は、同席していた中日友好協会会長でもある廖承志を指差して、冗談を言った。

「廖は日本で生まれたんですから、田中さん、ぜひ今度日本に連れて帰ってください」

 田中も、ユーモアで答えた。

「廖先生は日本でもなかなか有名です。参議院選挙で立候補されたら、当選されます」

 この会見で、交渉は事実上のヤマを越した。

 9月28日午後6時30分、人民大会堂大広間で田中首相主催の答礼の夕食会が開かれた。田中は挨拶した。

「今や国交正常化という大事業を成就できるものと確信しております」

 翌29日午前10時18分、人民大会堂「西大庁の間」で、日中共同声明調印式が行われた。

 午後1時40分、田中ら一行は、北京空港から上海に向かうことになった。

 周自らも小型機に同乗し、共に上海に向かうことになった。

 機内の仕切られた特別室で、田中と大平は、周首相と向かいあって座った。

 やがて、互いの健康を祝して乾杯し、少し杯を重ねただけで、田中は大いびきをかきながら眠ってしまった。疲れが相当たまっていたのだろう。

 周は、大平らに言った。

「疲れているようです。このままにしておきましょうよ」

 田中らは上海に着き、午後7時、上海工業展覧館で、張春橋主任主催の歓迎夕食会が開かれた。

 この最後の夜は、田中も大平も、さすがに緊張の糸がゆるんだのであろう。乾杯に次ぐ乾杯で、ついにマオタイ酒が飲めなくなるほどに飲んでしまった。乾杯ゆえ、薄めずにストレートで飲まなくてはならない。

 田中は音をあげ、大平に言った。

「総理代行で、乾杯してくれ」

 この日の夜遅く、台湾の国民政府は外交部声明を発表、対日断交を宣言した。

 9月30日午前9時半、田中らは、日航特別機で上海空港を出発して、帰国の途についた。それから1時間ほどした時、大平が田中に言った。

「おい、生きて帰れたなあ‥‥」

 田中も、しみじみと言った。

「生きて帰れるから、日本の土も踏めるのさ」

作家:大下英治

カテゴリー: 政治   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    参加無料の賞金大会実況リポート!いま激アツなオンライン麻雀の“リアル”

    Sponsored
    156506

    ここ数年、急増している麻雀番組。昨今、超人気アイドルグループをはじめ、グラドル界からも麻雀にハマるメンバーが続々登場。彼女たちの間では「グラドル雀士枠」の争奪戦も展開されているとか。もはや可愛いさだけではなくプロとも渡り合えるガチな雀力が求…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    アラフォー男性の健康トラブルが増えている!?“人生100年時代”を生き抜く3つのヒントとは?

    Sponsored
    155376

    “貧乏暇なし”とはよくいったもので、来る日も来る日も働きづめでストレスはたまる一方だ。暴飲暴食で食生活は乱れ、疲れがなかなかとれないばかりか、眠りは浅く熟睡もできない。こんな毎日だから朝から体がダルいし、集中力や判断力が鈍って仕事ではミスば…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
桐谷美玲が最新全身ショット公開!スリムなのにバストは“サイズアップ”証言
2
三浦翔平が妻・桐谷美玲の“サイズ”を激白!笑み浮かべ「ちっちゃい」に騒然
3
松田聖子「40周年」と「沙也加」の誤算(1)58歳で小ぶりバスト披露の衝撃
4
大島由香里、「耐え難いことがあった」離婚原因の吐露に見る小塚の“罪深さ”
5
松坂慶子が岩場で激しく「慰め行為」!/美女「野外情交」シーン大全(3)