芸能

フジは困惑!?小倉智昭が司会新記録達成で「東京五輪までやる」と訴え始めた!

20160729ogura

 小倉智昭が司会の朝の情報番組「とくダネ!」(フジテレビ系)が7月28日、「同一司会者による最も長く放送されている全国ネットのニュース情報番組」の座に輝いた。同番組は同日、放送18年目、4452回を記録し、4451回でこれまでトップだった「小川宏ショー」を抜いた。

 小倉は「4452回。考えてみるとすごい回数だと思います。よく自分でも頑張ったと思いますが、不思議と一度も嫌だ、つらいと思ったことはありません。めざましを5個かけて、17年と4カ月、オンエアに臨んできました」と胸を張った。フジテレビ関係者が言う。

「低視聴率にあえいだ時代もありましたが、今では視聴率低迷が長引くフジテレビの中で、安定した数字を稼ぐ番組です。7月20日放送では、小倉の恩人である故大橋巨泉が急性呼吸不全で亡くなったことを伝え、9.4%の平均視聴率を獲得。昨年末の特番は9.9%で、教育・教養・実用部門年間ベスト10位にランクインしました。年間平均視聴率でも、平日午前中の民放情報番組の首位を2年続けています。その原動力となるのが、小倉お得意のアメ。視聴率7%を超えると1万円、8%で2万円、9%で3万円を小倉のポケットマネーから出す『視聴率貯金』を実施しています。昨年12月、みごとに300万円が貯まり、番組スタッフ160人を引き連れて湯河原温泉1泊旅行を企画するなど、大盛り上がりした。人心掌握にはやっぱり金ですよね」

 これだけ視聴率が良ければ局の覚えもめでたく、司会の座は安泰と言いたいところだが、そう簡単なものでもないらしい。

「小倉は御年73歳。年々頭は固くなるわ、人の意見は聞かないわ、自分の意見を押し付けるわで、方々でヒンシュクを買っている。番組でも、どこまでも上から目線だったり、ゲストにトンチンカンな質問を連発したり、フェミニスト気取りの発言に終始したりが目につきますね。中野美奈子や菊川怜ら歴代アシスタントを舅よろしくイビったりもして、視聴者の反感を買うこともしばしば。フジにとっては高額ギャラがかなりの負担となり、何度も打ち切り話が飛び出しています。視聴率が落ちれば即刻、首のすげ替えもありうるでしょう」(テレビ誌記者)

 5月に膀胱がん手術をした際も1週間の休養で舞い戻り、気力体力の充実ぶりをアピールした小倉。自他ともに認めるオリンピックおたくであることから、「2020年の東京オリンピックは『とくダネ!』司会者として伝えたい」と張り切っている。

(塩勢知央)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    伊藤沙莉、「バストトップ出し&アエギ声」映画用にボイス訓練の“躍進女優力”

    161972

    若手女優きってのバイプレイヤー伊藤沙莉(26)の大躍進が止まらない。どこか親近感を持てるルックスと独特のハスキーボイスを携えて映画に引っ張りだこだというのだ。「主演の伊藤健太郎のひき逃げのためにお蔵入りになりかけた11月6日公開の『十二単衣…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
土田晃之、「バイキング」の進行を止めてまで固執した“大失笑”発言とは?
2
「パラサイト」地上波放送、夫婦の「胸の突起コリコリ」シーンにお茶の間が激怒!
3
千原ジュニア、旅番組「地元の人との会話」で“口にできない悪印象”が判明!?
4
桐谷美玲、「バスト巨大化」噂は本当だった!?“豊かすぎバストライン”に騒然
5
ツッコミに激怒した?霜降り明星・粗品、新春生放送でベテラン芸人と一触即発!