芸能

俺たちを焦がした「夏のいいオンナ」!(1)<水沢アキ・夏に来た娘>17歳のドラマ初出演で馬上シーンにNG指令

20160818_25n

 週刊アサヒ芸能のメイン読者層にとって、水沢アキ(61)の名は「70年代の甘美な記号」であるはずだ。清純派アイドルらしからぬダイナミックな肢体は、デビュー作から鮮烈に輝いた。

──今、すぐにグラビアで見せていた姿になっても大丈夫なほど若々しいですね。

水沢 私、ホントに夏が大好きで、この季節は水着のブラにホットパンツで掃除機をかけたりしているの。

──いい光景です(笑)。さて72年の芸能界デビューが、いきなりヒロインを演じたドラマ「夏に来た娘」(TBS系)でした。

水沢 はい、私にとってドラマの原点だし、今でも一番、思い入れがありますね。

──どんな役柄で?

水沢 いわゆる「父の愛人の子」という出生の秘密を持っていて、北海道の牧場から上京してくる純朴な娘でした。

──当時、まだ女子高生の17歳ですね。オーディションは一発で合格?

水沢 ジーンズをはいて、胸が目立つようなニットを着て、それで牧場の娘らしく馬に乗ったら「イメージにピッタリだ」ということで決まりました。

──持つべきものはプロポーションですね。実際に撮影に入るとどうでした?

水沢 当時のテレビの世界は厳しかったですよ。タイトルバックで馬に乗るシーンは、危険だから吹き替えを使おうかと言われたんです。そしたらプロデューサーから「ヒロインの代わりなんていくらでもいる。落馬したら落馬したでいいよ」と言われて。

──あえて発奮させるために厳しい言い方をしたのかもしれません。

水沢 そうかもしれないですね。あ、そうそう、乗馬のシーンが多かったけど、夏の撮影だからTシャツ姿ばかり。そうすると胸がユサユサと揺れるのがドラマ的にダメみたいで「サラシを巻いてくれ」とお願いされました。

──さて“解禁”というか、ドラマ以上に「水沢アキの情熱」を照らしつけたのが、雑誌「GORO」を中心としたグラビア展開。特に、浜辺で撮った濡れたTシャツから乳房の透けるショットは、どれだけの青少年が「お世話になった」ことか‥‥。

水沢 ダウンタウンの松本人志さんにも言われたことがあります(笑)。私自身、撮影は大好きなんですけど、ただ、当時は「連想ゲーム」(NHK)の紅組キャプテンもやっていたし、事務所的にはヌードはNG。それで篠山紀信さんが考えて、海でメイクを洗い流しながら、Tシャツまで濡らしたところをパパッと撮ってしまおうと。

──伝説のショットになりましたね。ところでテレビ界屈指の都市伝説として残るのが、その「連想ゲーム」で「こけし」という解答のために「電動」と言ったとされていますが。

水沢 私が「こけし」と解答したという説もありますけど(笑)、あれは「伝統」と振ったんです。さらに、それに「こけし」と答えたのは別のゲストの方だったんですよ。

──長年の謎が解けましたよ(笑)。

水沢 いろんな撮影で「もっと脚を広げて」とか「背中をそらして胸を強調して」と言われ、恥ずかしい思いをしましたけど、不思議と篠山さんだと“演じている”という気がして、すんなり入っていけました。

──それでこそ「夏に来た娘」です!

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    飲み続けていたら夜もイキイキしてきた!?口コミで話題の「活力アミノ酸(R)DX」とは?

    Sponsored
    213053

    コロナ禍という長いトンネルも徐々に出口が見え、昨今は人々の社会活動も活発的になってきた。連休は「久々にゴルフに出かけた」「家族サービスで国内旅行をした」といったパパ世代の諸兄も多いのではないだろうか。在宅勤務から勤務へ徐々に回帰する企業も増…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
川島なお美「前貼りなし」で挑んだ古谷一行とのベッドシーン「入っていた」伝説
2
「バスト透けすぎ!」三浦瑠麗が公開した「国葬参列の喪服写真」があんまりスゴイので…
3
日本ハム・新庄監督が名誉挽回で動く「坂本勇人&マー君」ダブル獲りのサプライズ
4
黒柳徹子が「どっちでもいい」バッサリ!ホラン千秋の「徹子の部屋」残念発言
5
ロシア軍「超残虐行為」継続の裏に「殺戮マシーン」養成システム