芸能

2016年夏場所「輝く!有名人スキャンダル大賞!」(5)NHKのキャスターが車中で…。地方だし無名だったらやりたい放題だよ

20160818_25z5th

 それよりもNHKの「まるごと山梨」のキャスターの女性問題。まさか車中でね…。俺、あの写真にびっくりしちゃいましたよ。

 NHKだとボカシが入るんだなって。

 あっち系の動画でよく見るカップルみたいな感じで。あれ、どうやって撮ったんだって。

 盗撮動画の「トリプルエックス」みたいな。

 NHKは組織がデカイから、末端に行ったらグッチャグチャだよ。地方だし。無名だったらそりゃもう。

 だいたい3年勤務ぐらいで異動だから。

 風俗行き放題だしさ。

 地方にいると、こんなに情報って伝わってしまうという意識もなくなる。

 だって、SNSなんかでこんな感じでつぶやいてるの、東京にいる人だけ。地方の人たちってさ。

 回覧板ぐらいだよ。

吉・宇 ハハハハハ。

 社会的なつぶやきなんか誰もしてない。

 NHKの地方で、なおかつ契約とかだと、お金もないし、たぶんそこまでの意識もないしで、NHK室蘭の女子アナみたいに愛人クラブに登録したりするわけですよ。あれ、タレコミだったらしいですよ、お客さん側からの。「50万使って会ったのにヤレねえじゃねえか」ってことかと。

 「バラいろダンディ」(MXTV)に出てる祥子ちゃんに「愛人クラブに入っちゃうんじゃないの?」って言ったら、「私、もっと上のクラスですから!」って(笑)。

 これ、笑っていいのかなって(笑)。

 謎の女だもんね。

 実は謎でも何でもねえっていう。

 時々、ドキッとすること言うじゃないですか。

 「俺、この間、熊本のBに行ったんだよ」って話したらさ。

 「ああ、Bで私の友達、何人か働いてます」って。地元だからっていうのはあるけど、ドキーッて。

 なかなかBという専門用語出ないですからね。

 出ない、出ない。Bって言われて、俺はピクーンと来たからさ。

 だけど地方、特に九州の女性はホント、開放的ですよ。そういう意味では。

 ひどいこと言ってる(笑)。

 博士が20年ぐらい前のノリだったら大変なことになってますよ。

 リリー・フランキーさんに「博士、九州は本土と違って全然違う。変態大陸だから! 九州でやる分には海外と一緒」と言われてね。

 何てことを(笑)。

 それを聞いて、スタッフ全員、「博士がその気になってるから行くぞ!」みたいになって。照英さんと一緒だったの。それで照英さんのいい話をずっと2時間ぐらい聞いて、あんまり話がよすぎたから、「ゴメン、思い出がかぶるからやめます」って言った時のスタッフのガッカリした顔ね。

 えっ、行くんじゃないの? って。

 そう、タレントと一緒に行くから大義名分があるのに。それがなくなったら。

 確かにね。盛んではあるのかな?

 全然違うと思うよ。

 いい仕事するよ(笑)。

 うちの奥さん、九州ですから、やめてくださいよ。

 そうなんだ。

<座談会参加者>

宇:宇多丸(RHYMESTER) 吉:吉田豪 水:水道橋博士(浅草キッド) 玉:玉袋筋太郎(浅草キッド)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    【緊急座談会】中年世代にど真ん中の夏カジュアルはあるのか!?

    Sponsored
    182685

    40代ともなると違和感を感じ始めるのが、休日のカジュアルファッションだ。体型が変わったり、若い頃に着ていた服が似合わなくなったり「何を着たらいいか分からなくなる」のがこの世代の特徴。昔ほどお金をかけるわけにもいかず、とりあえず安価なユニクロ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    クラファン発!最先端サプリ「スパルトT5」の実力と評判とは?

    Sponsored
    182842

    コロナ禍は、生活様式も働き方も大きく変えた。「仕事帰りにちょっと一杯」も難しくなった今、ビジネスの最前線で活躍する現役世代を蝕む過大なストレスが問題となっている。そんな精神的負担も原因なのか、これまで高齢男性に多かった“夜の悩み”を訴える3…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

注目キーワード

人気記事

1
石川佳純、東京五輪の初戦勝利で男性ファンを釘付けにした“大人バスト”
2
広瀬すず、東京五輪応援CMの縦揺れバストに「デカっ」視聴者釘付け!
3
小島瑠璃子、霜降りせいやへのアプローチに「まずは肉体関係から?」の指摘!
4
貴島明日香、みずから明かしファンを歓喜させた“安産型”下半身ライン!
5
フジ堤礼実に「穿いてない!?」疑惑声が上がった生放送“超ミニ”大サービス