エンタメ

「東京五輪記録映画」の秘話で再認識する“黒澤明監督の偉大さ”

20160822kurosawa-2

 現在開催中のリオ五輪では、陸上男子100メートル走の世界記録保持者、ウサイン・ボルトが引退を表明していることから、その決勝戦に全世界が沸いた。

 選手の一挙一動をスタートから鮮明に捉え、疾走する姿を追い続けるカメラワーク。今では当たり前となっているこの手法だが、実はハイスピードカメラも何もない50年以上前に、すでに黒澤明監督が撮影手段として考案していたという。

 64年の東京五輪の記録映画は市川崑監督が手掛け、カンヌ国際映画祭の国際批評家賞を受賞した作品。その映像美とドキュメンタリーとしての観点の相違から「記録か芸術か」と物議を醸した。公開当時の観客動員数1950万人は、01年公開の「千と千尋の神隠し」に抜かれるまで日本映画史上最高を誇った。映画館以外での上映を合わせれば、実質は今でも史上最高と言えるかもしれない。この記録映画を最初にオファーされていたのが黒澤監督だったのだ。ローマにも視察に行き、意欲を燃やしていた黒澤監督だが、結局、予算面の折り合いがつかずに辞退。最終的に市川監督が引き受ける形となった。

「黒澤監督は、100メートル走のレーンに沿ってカメラ専用のレールを敷き、走る選手と同時にカメラを動かせば臨場感あふれる映像が撮れると考えていたようです。当時は技術的にも予算的にもまったく無理な注文で実現しませんでしたが、世界の誰もが驚く発想でした。東京五輪の全ての国旗を風にたなびかせる映像も、元は黒澤監督の発案だと市川監督ご自身からお聞きしました。無風状態の国旗は“垂れ下がったフンドシ”のようで醜悪との思いがあったようです」(映画ライター)

 4年後の東京五輪の記録映画を撮る監督は、果たして誰になるのか。黒澤監督の発想力を超える美技映像の競演を期待したい。

カテゴリー: エンタメ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「好きなの選んで」!中居正広、「ナカイの窓」最終回ロケで大盤振る舞いの理由
2
ピエール瀧の逮捕で「新たな芸能人逮捕」の動きが加速する理由!
3
羽賀研二「稀代のワル」の履歴書(1)梅宮父娘が背負わされた借金の全容!
4
本田翼が隠したい「下積み仕事」を全放出(1)清純派がやらない役が多かった
5
ガッキーとの行為を自慢?関ジャニ・錦戸亮が女遊びを改めないワケ