芸能

リオ五輪へのイチャモン発言、マツコは炎上せずミッツはフルボッコだった理由

20160824matsuko

 リオ五輪の閉会式にマリオに扮した安倍首相が出演。そのシーンにマツコ・デラックスがイチャモンをつけ、ちょっとした騒ぎになっている。8月22日の「5時に夢中!」(TOKYO MX)でマツコは、「恥ずかしいんだったらやるんじゃないよ。すぐ帽子取っちゃうし中途半端。ヒゲもないし」と、安倍首相のパフォーマンスを断罪した。

 この発言には「総理大臣に何を求めてるのか」などと異論が噴出し、マツコに謝罪を求める声すらあがるほど。ただ一方では、「芸能人じゃないんだから大目に見てあげて」といった反応もあり、必ずしもマツコ憎しのオンパレードではないのである。この騒動についてテレビ誌のライターはこう語る。

「マツコの安倍首相叩きは、普段の発言の延長線にあります。政治家やジャニーズなど強い存在を叩くことを得意にしつつ、今回も安倍首相の演技がイマイチだったことを問題にするなど、個人攻撃にならないよう気を遣っているのです。言われてみれば安倍首相の動きには一瞬の躊躇がありましたし、マツコはあくまで『もっと堂々としなさいよ!』と言いたかっただけだと考えれば、決して炎上するような発言ではないと言えますね」

 それに対し、女子レスリング・吉田沙保里選手の涙を揶揄したミッツ・マングローブはなぜあれほど炎上したのか。テレビ誌のライターが続ける。

「ミッツがマズかったのは、吉田選手が銀メダルに終わって国民全体が落胆している状況で『シラけた』と発言したこと。人の不幸に茶々を入れることは世間的にも忌み嫌われる行為です。これがマツコだったら『笑ってちょうだいよ~』くらいのことは言えたでしょう。場の雰囲気を読む力という点で、マツコとミッツの腕の差が表れた形ですね」

 ミッツも今回のマツコ発言を聞いて、「そこを叩けばよかったのか!」と思っている可能性もありそうだ。二人の歯に衣着せぬ発言を今後も期待したい。

(金田麻有)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    実力派ジョッキー戸崎圭太も登場!「KEIRIN GP2019」スペシャル企画動画『The DAN(座談)』をチェックせよ!

    Sponsored
    138500

    12月にもなると「なんだか気持ちが落ち着かない…」というギャンブル好きの読者諸兄も多いことだろう。というのも年末は、競馬の「有馬記念」、競艇の「賞金王」、オートレースの「SS王座」といったビッグレースが目白押しだからだ。競輪では、12月30…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    “男の活力低下”につけこむ甘い罠…手軽に入手できる海外未承認薬の危険過ぎる実態に迫る!

    Sponsored
    133097

    40代50代の中高年男性といえば、人間関係、リストラの恐怖、のしかかる責任感など仕事上の悩みに加えて、妻や子どもとの関係、健康や老後の不安といったプライベートなことまで、さまざまな問題を抱えているもの。そしてこれらがストレスとなり、加齢によ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
浜崎あゆみが別人に!?「誰これ?」「怖すぎ」コメントが続々
2
東出昌大、「不貞を笑いに変えた袴田&原田のようにはなれない」最大理由!
3
「知らなくていいコト」、重岡大毅の“闇深演技”にドン引きの声も興味爆増!?
4
人前で夜の営みを!?沢尻エリカ、「18歳からクスリ漬け&ハメまくり生活」の衝撃
5
「矢口真里の元ダンナ」中村昌也、目も当てられない惨状と次に選んだお相手!