スポーツ

「暗黒球団」に転落させた中日・落合博満GMの全悪行(2)補強戦略も失敗の連続

20160901b2nd

 この球界関係者によると、時間があれば社会人、大学の試合観戦に行くのが落合氏の日常だが、チームのスカウトとともに行動することはなく、試合中に座っている場所も別。監督だけでなくスカウトも、誰を指名する計画でいるのかを直前まで知らないという。

 落合氏が独断で決めたとしても、結果がよければまだいいが、課題の遊撃、捕手のポジションでは、2年前のドラフトで日本新薬の倉本寿彦(25)を回避し、東京ガスの遠藤一星(27)を指名して失敗。倉本はDeNAで、今季打率3割以上をマークしている(8月18日現在。以下同)。

 昨年のドラフトではトヨタ自動車の木下拓哉(24)を3位で指名する一方、DeNAはNTT西日本の戸柱恭孝(26)を4位指名。戸柱は開幕マスクをかぶったが、木下は長らく二軍を脱出できず、一軍出場も4試合にとどまっている。

 ドラフトだけでなく、落合氏は補強戦略でも失敗。「ポスト谷繁」の穴を埋めるべく、西武・炭谷銀仁朗(29)のFAでの獲得に動いた。スポーツライターが内幕を解説する。

「元西武の森繁和ヘッドコーチ(61)がパイプ役となって水面下で交渉を進めましたが、『落合独裁』の球団体質が嫌われ、断られてしまった。一説によると、森ヘッドが『うちへ来ないと夜道を歩けなくなるぞ』と脅したことがマイナスに働いたとも言われますが‥‥。楽天の嶋基宏(30)にも触手を伸ばしましたが、同じように拒否された」

 外国人補強も、ドミニカに強いルートを持つ森ヘッドと落合氏がタッグを組んで行っている。今季加入したビシエド(27)が4月にブレイクして3割6分以上の打率を記録していたが、夏場に急失速。8月14日に出場選手登録を抹消された。

「自称166キロ右腕のストッパー候補」として獲得したハイメ(29)も、いきなり右肩痛を発症し、一軍登板なし。ジョーダン(29)は先発ローテーションに入って5勝5敗の成績だが、広島のジョンソン(31)や阪神のメッセンジャー(35)のような軸にはなっていない。

 誰の目から見ても、ドラフト、FA、新外国人獲得で、編成の責任者として失敗を繰り返しているのだが、不思議なことに、球団は落合氏の責任を追及する気配がないのである。

「落合氏は『ドラフトは間違っていないが、選手が出てこないのは二軍のコーチ、育成が悪いせい』と白井オーナーに報告しているようです。とはいえ、先の炭谷や嶋のように、今やアマチュア野球界では『中日だけには行きたくない』と、12球団で一、二を争う不人気になり、スカウトも困っている」(地元テレビ関係者)

 それでも落合氏は「俺が監督なら、この戦力でも十分に勝負できる」と周囲に吹聴しているという。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
韓流ドラマで主演俳優が逮捕!その事後対応に日本のテレビ局も大注目か
2
NHK上原光紀、「桑子独立説」で次期エース候補も不安視される「誘惑ヒップ」!
3
中居正広には退所を思い直させていた!ジャニー喜多川氏が託した「遺言」とは?
4
水上颯も「中絶トラブル発覚」で「東大ブームが終わる」テレビ界に深刻波紋!
5
ドS対応は健在! 欅坂46平手友梨奈、野外ライブ放水に「オレにかけて」の声