エンタメ

大ヒット「シン・ゴジラ」を二度見したくなる7つの秘密(4)取り入れられた震災の傷跡

20160908r4th

 岸川氏も、杉作氏の先の意見に同調する。

「今回の映画が成功した一番の理由は、庵野総監督の作家性の強さです。これまでのゴジラシリーズは、『こんな怪獣がいいのでは』などと意見を出して話し合いを進める合議制で作られてきました。ところが今回は全ての部分で庵野総監督が口を出して統括するピラミッド方式で作られた。恐らく庵野総監督は、東宝サイドの希望をほとんど聞いていないはず」

 徹底的に自分のやり方を通し、ウルトラマンにエヴァ、鉄道など自分の趣味を全開にした「真」骨頂のシンもまた、大ヒットの決め手となったようだ。

「『シン・ゴジラ』は彼の好きなものが全部載せで入っているラーメンのようなもの。観終われば満腹感いっぱい、過去の作品を知らない人にも、庵野総監督がどんな作家なのかがわかるはずです」(前出・岸川氏)

 そもそも、水爆実験が原因で目覚め、口から放射能火炎を吐いていたゴジラには、核へのメッセージが伏線として描かれているが、「シン・ゴジラ」にはこんな社会性も重要なテーマとして込められているという。

「大田区の上陸シーンではボートや船が流され、積み上げられる3.11の津波のような映像が見られます。またラストの“ヤシオリ作戦”ではゴジラを凍結させるために、ハイパーカーが出動しゴジラに凍結剤を注入するのですが、このシーンはまさにメルトダウンした福島原発に消防車が放水した光景を思い起こさせるはずです。しかも、ラストは凍結されたゴジラが東京駅付近に立ち尽くす。まさに、原発と日本人は共存していかなければならないという意味にも読み取れます」(やかん氏)

 前出・岸川氏も同じく指摘する。

「蒲田のシーンを下手にミニチュアで撮れば東日本大震災で津波の映像を見ている日本人にはすぐにウソだと見抜かれてしまいます。今回はデジタル合成で撮っていますが、当然、本物の津波の映像をかなり研究しています」

 東日本大「震」災のシンを描くことで、ゴジラがもたらす災厄が、よりリアルに映し出されたのだ。

 最後に、池田氏が締める。

「現実にヒビを入れられるのが怪獣映画の持っている力です。この映画を観て特撮っておもしろいんだと感じる人は多いはず。特撮をうまく撮れば映画は変わります。何より、映画は遊園地に行くのと同じ、現実には楽しめないものを味わいに行くもの。観客が映画館をエキサイティングな場と信じられる映画だと思います。こう言っている間に、もう一度観たくなってきました」

 一度観た人もまだ観ていない人も、「信(シン)」じられない映像を目撃したいなら迷わず劇場へ。

カテゴリー: エンタメ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
村上信五に「大恥をかかせた」フジテレビにジャニーズが大激怒!?
2
飲酒ひき逃げ・吉澤ひとみを待ち受ける「刑務所地獄」(1)危険運転致傷罪で重刑に
3
とんねるずとダウンタウンが完全和解!?“奇跡のタッグ”に向けて急加速
4
眞子様、佳子様からも選ばれなかった学習院大学から「廃校も…」悲鳴が!
5
カンニング竹山と後輩芸人のガチ喧嘩は放送作家の大失敗だった!?