芸能

悪質さは天地の差?キンコメ高橋健一に懲役3年求刑も高畑裕太逮捕で話題にならず

20160906kinkome

 女子生徒の制服を盗んだとして逮捕・起訴されている元お笑いコンビ・キングオブコメディの高橋健一被告。9月2日には東京地裁にて公判が開かれ、懲役3年が求刑された。だがその話題性もあの俳優と比べれば微々たるものだったという。週刊誌記者がしみじみと語る。

「公判当日には高橋被告の名前がネット検索される回数が急増。ただ同じ9月2日には、高畑裕太容疑者の名前で検索された回数が15倍以上も多かったのです。世間に与えた衝撃度は高畑容疑者のほうがはるかに大きかったというわけですね」

 その高畑容疑者は、女優・高畑淳子の息子ではあるものの、本人は決して著名俳優だったとは言い難い。そんな22歳の駆け出し俳優がなぜこれほどまでに注目されているのか。前出の週刊誌記者が指摘する。

「やはり婦女暴行という犯罪の悪質性でしょう。もちろん高橋被告の制服窃盗も芸能人の犯罪としては前代未聞ですが、世間には『ヤツならありえる』と納得する空気もありました。それに対して高畑容疑者のほうは一種の凶悪犯罪であり、世間に与えた衝撃度が段違いだったのです。芸能人がらみの犯罪で今後しばらくは、これを超える衝撃は出てこないようにも思えます」

 高橋被告の元相方だったキンコメ今野浩喜が俳優業などの仕事を続けているのに対し、高畑容疑者の母・淳子は世間からのバッシングで女優業再開もままならない状況だ。犯罪の軽重を語るのはナンセンスとはいえ、高畑容疑者が犯した罪の重さは世間にも重く受け止められているようだ。

(金田麻有)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    ドジャース・大谷翔平はなぜ「6月に最高潮」なのか科学的分析!メラトニン分泌とホルモンの秘密

    なぜ大谷翔平は毎年6月になると、調子が上がるのか。メジャー通算500打点にあと1、200本塁打まであと3本に迫った6月最終戦は無安打に終わったものの、月間12本塁打、24打点をマーク。日本人選手として最多となる通算5度目の月間MVP受賞が有…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , |

    大谷翔平だけじゃない!メジャー影の首位打者「ベイビー・イチロー」は山形県がルーツの「侍ジャパン候補」

    メジャーリーグは6月を終えて、ア・リーグの打率トップはエンゼルスのレンヒーフォ(3割1分7厘)。それをヤンキースのジャッジが猛追しているが(3割1分3厘)、実は「影の首位打者」がいた。ガーディアンズのスティーブ・クワンだ。現地メディア関係者…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
塩試合を打ち砕いた!大谷の〝打った瞬間〟スーパー3ランにMLBオールスターが感謝
2
MLBオールスター出場〝今永昇太〟はデコピン以下!絶妙哲学コメントをバラエティがガン無視でファン憤慨
3
妻はロッテに大暴言!謝罪なしの楽天・辰巳涼介「神様は見てくれている」にファンが握りこぶし
4
楽天に蔓延する「田中将大は不要」電撃退団後にプライドを捨てて「テスト入団」を!
5
新井貴浩監督が絶賛!劇画のような広島カープ野球の応援歌は「走れリュウタロー」