芸能

栗山千明、ロッチ中岡創一を露骨に毛嫌いする言動に視聴者がゲンナリ

20160919kuriyama

 誰もが認める美人女優、栗山千明。ところが、彼女がバラエティ番組への出演をきっかけに世間の好感度を落とす事案が発生している。

 栗山は9月11日に放送されたバラエティ番組「行列のできる法律相談所」(日本テレビ系)にゲスト出演。「私を嫌いな人実名告白」と題して、出演者たちが自身が嫌われていると思っている相手を告白していたのだが、栗山はロッチの中岡創一から「嫌われているかも?」とカミングアウト。

 栗山は以前、ロッチがレポーターを務める「PON!」(日本テレビ系)で彼からインタビューを受けたことがあったという。その時のことを振り返り、「苦手なタイプだったので、思わずキツく接してしまった」と告白。

 中岡本人に当時のことを聞いてみると、「栗山さんの目つきが本気だったので、本当に苦手なんやなということは気づきました」と、証言を裏付ける自覚があったと返答。しかし、続けざまに「栗山さんのことは嫌ってるわけではない。ただ、好きではない」と一転、上から目線の発言を繰り出した。

 実は栗山についていろいろ調べたという中岡は、お互いに緊張しやすいタイプであることを説明し、「話が合うといえば合う」と独自の分析を披露。栗山が出演していたドラマの濃厚ラブシーンを見て、「もしプライベートでもあんな感じだったら、もしかしたら、(自分と)うまくいくかもしれない」と、いつもの気持ち悪い中岡節を発揮し、VTR出演ながら番組を大いに盛り上げた。

 しかし、そのVTRを観ていた栗山は「やっぱり受け付けられない。見かけだけじゃなくて、コメントも含めて」と、さらに中岡嫌いを確信してしまったようだ。

 清潔感がある男性がタイプと答えている栗山にとっては、当然の「気持ち」だろう。しかし、素直に本音を語った栗山に非難の声があるのだ。

「嫌い方が露骨すぎたのだと思います。栗山さんのように容姿端麗な女優さんが、芸人のなかでもキモキャラの中岡さんをあそこまで気持ち悪いと拒否するのは、まるで世間の勝ち組が負け組を差別しているようにしか見えなかったという視聴者もいるようです。バラエティにしては笑えないといいますか、あまりにリアルな構図だったのではないでしょうか」(女性誌編集者)

「そういうことを言うタイプに見えなかっただけにショック」「あんまりズバズバ言いすぎるのも空気が壊れる」「これからドラマとかでやさしい女性の役をやってもそう見えないかも」と、イメージダウンは避けられそうにない。女優として演技力には定評があるが、バラエティの勉強は少し必要かもしれない。

(佐伯シンジ)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
大久保博元が明かした巨人大失敗の内情…原辰徳前監督は「常に無茶振りばっかり」
2
中田英寿が中村俊輔の引退試合に出場しなかった理由を盟友・城彰二が告白
3
大谷翔平の結婚相手特定に「元バスケ選手」急浮上…「キャンプ地で見守る女性」衝撃動画
4
ベタ惚れ「錦鯉・渡辺隆+大島由香里」まさかのカップル誕生に涙する「あの女芸人」
5
中日ドラゴンズを低迷させた「タニマチと夜の活動」「儲かるゴルフコンペ」選手をダメにする文化