芸能

次長課長・河本準一「たけしの熱烈オファー拒絶」事件(2)

「画面に映さない」のが常識

 しかし、この記事を最後まで読めば、河本にもたけしの真意は伝わるはずだった。記事中、たけしは河本を追及した参議院議員の片山さつき氏(53)を批判。〈芸人は謝るしかないもの〉と河本を擁護している。

 さらに、〈本人がもらってたわけじゃなくて、売れる前に母親がもらってたのを『まあいいか』って放置したのが問題なわけで〉と、河本をかばっていたのだ。

 あの騒動以降、河本の話題は生活保護一色。母親が受給した保護費の一部を返納しただの、オカンネタが多かった「人志松本のすべらない話」から降板しただの、まさに「ミスター生活保護」といった状態になったのである。

 つまり、今回のたけしのオファーは河本にとっては助け舟だったことになる。

「実際に、番組には吉本の後輩芸人であるパンク・ブーブーが出演して、暗い雰囲気をぶっ飛ばすような貧乏ネタをあえて選んだ。たけしさんも『アブねえなあ』と大絶賛していて、本当は河本さんに収録現場にいてほしかったと思います」

 芸能評論家の三杉武氏はこう話す。

「その出演オファーは『芸人ならスキャンダルも笑いにしてしまえ』という、たけし流のメッセージだったと思います。そんな大御所からのありがたい話を断ってしまうなんて、芸人失格でしょう。今後は、おまえが出る番組は『ねぇ!』なんていうことになりかねません」

 そんな末期的状況を迎えつつある河本に、周囲はたけしほど優しくはない。

 ある民放局局員が言う。

「正直、河本本人がリカバリーできる問題ではありません。それだけに、周囲がイジって生活保護問題も笑いに変えなくてはいけないのに、河本がすっかり意気消沈してしまっていて、共演した芸人も『かわいそうで、ツッコミも入れられない』とボヤいていました。ウチの局でも、『河本をワイプに入れるな』が常識になっているほどです」

 テレビ画面の小さな小窓にも出られない状態は、リアクションで本領を発揮する「ひな壇芸人」には致命的である。

 前出・吉本関係者はこう話す。

「河本は後輩芸人やスタッフを引き連れて、飲み歩くなど豪快な私生活をよく話していましたが、仲間が河本のもとに集うのは、細かい気配りができる彼の人柄に引かれてのことなのです。それだけ、河本は周囲の雰囲気を敏感に察知する人間。周囲の腫れ物に触るかのような反応に、河本はより元気がなくなっている状態で、現在のところ出口ナシという状況です」

 最大の長所が短所となっているとは‥‥。本当にちっとも笑えない“断末魔”が聞こえてきそうではないか。

カテゴリー: 芸能   タグ:   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    【緊急座談会】中年世代にど真ん中の夏カジュアルはあるのか!?

    Sponsored
    182685

    40代ともなると違和感を感じ始めるのが、休日のカジュアルファッションだ。体型が変わったり、若い頃に着ていた服が似合わなくなったり「何を着たらいいか分からなくなる」のがこの世代の特徴。昔ほどお金をかけるわけにもいかず、とりあえず安価なユニクロ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    クラファン発!最先端サプリ「スパルトT5」の実力と評判とは?

    Sponsored
    182842

    コロナ禍は、生活様式も働き方も大きく変えた。「仕事帰りにちょっと一杯」も難しくなった今、ビジネスの最前線で活躍する現役世代を蝕む過大なストレスが問題となっている。そんな精神的負担も原因なのか、これまで高齢男性に多かった“夜の悩み”を訴える3…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

注目キーワード

人気記事

1
元アジアン・馬場園梓が後輩芸人に「姉さん抱かせてください」せがまれた結末
2
かまいたち山内が選んだ週刊少年ジャンプ「歴代最高マンガ」に同意の声続々!
3
新木優子、“8等身ボディ”写真でむしろ注目を浴びた「Bバスト」のカタチ
4
草なぎ剛、「芸能人格付け」で“GACKTの代役”出演希望の声が殺到中!
5
夏目三久“山ありゴムあり”「美脚14年」を真相報道する(2)アイドルアナとして大ブレイク