芸能

次長課長・河本準一「たけしの熱烈オファー拒絶」事件(2)

「画面に映さない」のが常識

 しかし、この記事を最後まで読めば、河本にもたけしの真意は伝わるはずだった。記事中、たけしは河本を追及した参議院議員の片山さつき氏(53)を批判。〈芸人は謝るしかないもの〉と河本を擁護している。

 さらに、〈本人がもらってたわけじゃなくて、売れる前に母親がもらってたのを『まあいいか』って放置したのが問題なわけで〉と、河本をかばっていたのだ。

 あの騒動以降、河本の話題は生活保護一色。母親が受給した保護費の一部を返納しただの、オカンネタが多かった「人志松本のすべらない話」から降板しただの、まさに「ミスター生活保護」といった状態になったのである。

 つまり、今回のたけしのオファーは河本にとっては助け舟だったことになる。

「実際に、番組には吉本の後輩芸人であるパンク・ブーブーが出演して、暗い雰囲気をぶっ飛ばすような貧乏ネタをあえて選んだ。たけしさんも『アブねえなあ』と大絶賛していて、本当は河本さんに収録現場にいてほしかったと思います」

 芸能評論家の三杉武氏はこう話す。

「その出演オファーは『芸人ならスキャンダルも笑いにしてしまえ』という、たけし流のメッセージだったと思います。そんな大御所からのありがたい話を断ってしまうなんて、芸人失格でしょう。今後は、おまえが出る番組は『ねぇ!』なんていうことになりかねません」

 そんな末期的状況を迎えつつある河本に、周囲はたけしほど優しくはない。

 ある民放局局員が言う。

「正直、河本本人がリカバリーできる問題ではありません。それだけに、周囲がイジって生活保護問題も笑いに変えなくてはいけないのに、河本がすっかり意気消沈してしまっていて、共演した芸人も『かわいそうで、ツッコミも入れられない』とボヤいていました。ウチの局でも、『河本をワイプに入れるな』が常識になっているほどです」

 テレビ画面の小さな小窓にも出られない状態は、リアクションで本領を発揮する「ひな壇芸人」には致命的である。

 前出・吉本関係者はこう話す。

「河本は後輩芸人やスタッフを引き連れて、飲み歩くなど豪快な私生活をよく話していましたが、仲間が河本のもとに集うのは、細かい気配りができる彼の人柄に引かれてのことなのです。それだけ、河本は周囲の雰囲気を敏感に察知する人間。周囲の腫れ物に触るかのような反応に、河本はより元気がなくなっている状態で、現在のところ出口ナシという状況です」

 最大の長所が短所となっているとは‥‥。本当にちっとも笑えない“断末魔”が聞こえてきそうではないか。

カテゴリー: 芸能   タグ:   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    伊藤沙莉、「バストトップ出し&アエギ声」映画用にボイス訓練の“躍進女優力”

    161972

    若手女優きってのバイプレイヤー伊藤沙莉(26)の大躍進が止まらない。どこか親近感を持てるルックスと独特のハスキーボイスを携えて映画に引っ張りだこだというのだ。「主演の伊藤健太郎のひき逃げのためにお蔵入りになりかけた11月6日公開の『十二単衣…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
有働由美子の私服選び、センスに酷評も「丸わかり横バストライン」に絶賛!
2
日テレ水卜麻美、「スッキリ」卒業で色白Eバスト求め視聴者も「ZIP!」大移動!?
3
桑田真澄、クロマティが明かしていた巨人に15年間も呼ばれなかった理由
4
「ゴチ」新メンバー予想合戦の一方で広がる「引っ張り過ぎ!」飽き飽きの声
5
割れ目のドアップが?綾瀬はるか、「天国と地獄」で見せた“よつんばい”ポーズの衝撃!