芸能

次長課長・河本が“後輩芸人を説教”したら飛んできた特大ブーメラン!

「お前に食わせるタンメンはねぇ!」

 12月12日に都内で行われたジャッキー・チェン主演の最新映画のPRイベントに出演し、熱くジャッキー映画愛を語り、お馴染みの香港映画ギャグを飛ばしていた次長課長の河本準一。いまやすっかりベテラン芸人の彼だが、12月6日深夜放送の「ナカイの窓」(日本テレビ系)にゲストMCで出演し、後輩芸人にベテランならではの経験を踏まえた説教をするくだりで、思いもよらぬ「特大ブーメラン」に見舞われていた。

 この日の同番組では「平成女芸人 VS 昭和女芸人」と題して、各世代に生まれた女芸人たちが登場し、トークを展開した。その中で、平成生まれのお嬢様芸人・たかまつななが、昭和生まれ芸人のハイヒール・モモコや椿鬼奴といった芸人たちが体を張った仕事をしていることについて「若手に譲ってほしいなと思いますけどね。痛々しいじゃないですか」と、コメント。続けて「自分の母親世代の人が体張って仕事してるのって想像つかない。昭和じゃなくて平成に譲ってほしい」と、コメントの真意を説明した。

 しかし、これに河本は「仕事をマジメに芸人として一本でやってますか、あなた? そういう人だと仕事は来ますよ。他にも仕事をやったりとかするから、仕事が来なくなるんですよ」と“説教”。というのも、たかまつは自身で会社を設立しており、日本全国の高校などを回って政治に関する授業をしているとのことで、それを河本にツッコまれた流れで、たかまつが自身で説明した。つまり、河本は説教染みたコメントをしつつ、たかまつのプロフィール紹介にナチュラルに誘導するという「MCの進行業務」をこなした形だ。しかし、この河本の発言に違和感を覚えた視聴者が多かったようだ。「誰もお前がしたことを忘れてないぞ」「あなたも不正受給を促してたし、それを仕送り代わりにしてるなら副業だろ」「よくその立場で説教できたな」「ん、体を張った自虐かな!?」「仕事が来なくなったのはお前だろ」等々。

「河本といえば、自身が売れっ子芸人として活躍、十分な収入があるのに母親が生活保護を15年に渡って受給していたことが2012年に発覚。河本も『タダでもらえるんならもらっとき』と不正受給を促していたという立場ですから、そんな河本が説教をしても、世間の人々がツッコみたくなってしまうのも無理もなかった、ということでしょうね」(エンタメ誌ライター)

 不正受給問題は今後もネタにされ続ける河本に一生つきまとう問題。それだけに、なかなか難しいことではあるが、自身の立場をもう少し考えてコメントし、批判を最小限にする努力が大事かも?

(権田力也)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
木下優樹菜「タピオカ屋恫喝」で離婚危機!?「夫が後輩に“ヤバいことに…”吐露」
2
同棲報道、二宮和也と伊藤綾子が結婚前の“極秘出産計画”を進行中だって!?
3
鈴木紗理奈“吹き出物”告白に相次いだ「原因は木下優樹菜だろ」のヤユ!
4
「タピオカ騒動」木下優樹菜、一転謝罪も指摘される「ファンに『黙れ』」過去!
5
「恫喝騒動」木下優樹菜が指摘されたアノ女性タレントとのイタすぎ“雲泥の差”