政治

最側近「自民党・若狭勝」が小池百合子都知事の“オンナの器”を語り尽くした!(3)社会で女性が輝くためには…

20161103j3rd

──そう考えると、小池知事が再び国政に戻って、女性首相を目指すということもありうるのでは?

「そうですね。女性首相はぜひ、実現させたい。ただ、誰がやるか。もちろん小池さんには期待したいですが、現実的にはどうか。東京五輪までのこれから4年間は都知事を投げ出せない。そして、五輪前に任期が切れますから、もう1期やらなければならない。今から8年後に小池さんは72歳になっている。そこから国政に戻ってとなると、簡単な話ではないです。

 でも、政治の世界では先のことはわかりません。政変が起きて、小池さんを首相に、という流れができないとも限らない。

 一方で、現在、小池さんは毎日、豊洲や五輪の話題で全国的に注目され、ニュースにおける扱いは安倍首相と完全に並んでいる。もしかすると、注目度からいえば、首相というポジション以上の存在感ですよね。その影響力をもって、知事の身分であっても日本全体へ働きかけられることはたくさんあるかもしれませんね」

 さて、冒頭のように若狭氏は知事選期間中に「男泣き」する場面があった。それは、7月26日の街頭演説中のことだった。その日、自民党が擁立した増田寛也元総務相の応援に立った石原慎太郎元知事が小池氏を「厚化粧の大年増」と罵った。若狭氏はこのことを取り上げた時に、言葉を詰まらせたのだ。

「小池さんのために泣いたとかいろいろ言われました(笑)。でも、あれは僕なりのちゃんとした理由があるんです。僕は女性の人権問題に関しては、どうかすれば小池さんより思い入れが強い。僕のライフワークでもあるのです。

 明治時代から続いてきた日本の男尊女卑ですが、もうそんな時代じゃない。女性が輝くためには、男社会のトゲを一つ一つ抜いていかなければならないんです。それなのに、知事まで務めた方が厚化粧とか女性に対する言葉としてはあまりにもひどいし、それを候補の増田さんが止めることもなく笑っていた。

 日本の政治レベルは、まだこんな状態なのかという意味で、非常に悔しいという気持ちがあったのです」

 若狭氏が女性の人権問題に取り組むようになったのは、法律家としての経験からだという。

「刑法には、まだ女性蔑視の規定があるのです。例えば、押し入った強盗が続けて強姦をすれば、『強盗強姦罪』が適用されます。これは無期懲役もある重い罪です。ところが、犯行の順番が逆になった場合、つまり強姦を犯したのちに強盗を働いても『強盗強姦罪』は適用されないのです。

 強盗、強姦のどちらを先に犯したかによって量刑に違いが出る。犯した罪は同じなのに、おかしいと思うのが普通でしょう。強盗よりも強姦のほうが罪は軽いと捉えられているためで、軽い強姦罪を犯したら、たまたま女性が怖がっているために、つい出来心で強盗を犯した場合は、罪が軽いと見られているということ。

 この法律を何とか変えたいと活動していました。そこに、あの発言でしょう。怒りというのか、情けなさが一気に込み上げてきてしまって。むしろ小池さんのほうが受け流していましたね(笑)。でも、僕はいまだに公の場で、あのような発言がまかり通るのは耐えられなかったですね」

──永田町ではまだまだ男尊女卑がはびこっている。その状況は変わらない?

「先にお話しした犯罪に関していえば、法務省に働きかけて、これが実りました。法制審議会で改正される運びになり、来年の通常国会では刑法が改正されるでしょう。

 この件も小池さんに話したら、『ぜひ、行動すべき』と言ってくれたのです。小池さんとは女性問題も一緒に取り組んできたという点でも、つながってきました」

若狭勝(わかさまさる)=1956年生まれ。80年中央大学卒業。同年司法試験に合格し、検事となる。東京地検特捜部副部長などを歴任し、09年に弁護士登録。14年の衆議院選挙で当選を果たす。

ジャーナリスト:鈴木哲夫

カテゴリー: 政治   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
めちゃイケの“ヤラセ”までバラされた!「イッテQ騒動」余波が止まらないッ
2
「中学聖日記が大反響」有村架純を待ち受ける“第二の裕木奈江”になる罠!
3
新垣結衣があの新婚女優に見える瞬間?「けもなれ」でささやかれる珍現象
4
本田翼、「あざとすぎるCMダンス」に業界から「やっちまったな」の声!
5
岡村隆史、若林正恭と南沢奈央の破局に“心ない発言”で南沢ファンが怒髪天!