芸能

山田涼介「月9」が視聴率急落の緊急事態!フジがやらかした“2つのミス”

20161103yamada

 Hey!Say!JUMP山田涼介主演ドラマ「カインとアベル」(フジテレビ系)の視聴率が苦戦している。10月31日に放送された第3話は初回の8.8%、第2話の8.6%から6.9%に急落した。

 テレビ誌のライターは「敗因はキャストと物語のミスマッチ」と指摘する。

「フジとしては、韓国で平均視聴率16.8%だった物語のリメイクだから、ある程度の数字は見込めると思ったのでしょう。ですが、韓国版はソ・ジソブとシン・ヒョンジュンの2大スターが兄弟を演じました。しかも、ソ・ジソブが兵役後の連ドラということもあり、話題性もあって注目されたんです。フジはまずそこを見誤った」

 物語のテーマは韓国版も日本版も変わらず、父から寵愛を受ける兄への嫉妬心から、兄の恋人や父からの信頼を奪ってやろうと葛藤する弟というストーリー。

「けれども、弟役で主演の山田は、とても野心むき出しで兄の恋人を略奪するようなキャラには見えませんし、兄役の桐谷健太も副社長を務めるようなインテリジェンスを感じない。そもそも山田ありきでのドラマだったのなら、もっと別の物語を選択するべきでしたね。リメイクということで物語を大幅に変えることもできませんし、視聴率回復を狙う策もないでしょう」(前出・テレビ誌ライター)

“月9ドラマ”ワースト記録を更新中の「カインとアベル」。初主演だった山田にとっては、不名誉な歴史になるのは確実のようだ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    飲み続けていたら夜もイキイキしてきた!?口コミで話題の「活力アミノ酸(R)DX」とは?

    Sponsored
    213053

    コロナ禍という長いトンネルも徐々に出口が見え、昨今は人々の社会活動も活発的になってきた。連休は「久々にゴルフに出かけた」「家族サービスで国内旅行をした」といったパパ世代の諸兄も多いのではないだろうか。在宅勤務から勤務へ徐々に回帰する企業も増…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「ヒルナンデス!」野外ロケでアクシデント発生!直射日光がスケさせた井桁弘恵「白スカートの中身」
2
「クビ間近」コンビが消えた!大迷走「バス旅」番組が二転三転した舞台裏
3
阪神・井上ヘッド「来季は中日に電撃入閣」で示された「ある条件」とは?
4
「有名人とヤリました」木下優樹菜がぶっちゃけたフジモン以外との「生々しい性事情」
5
「なんちゅう格好してんだ!」三浦瑠麗が見せ続けた「朝まで生バスト」歓喜の渓谷美