芸能

山田涼介「月9」が視聴率急落の緊急事態!フジがやらかした“2つのミス”

20161103yamada

 Hey!Say!JUMP山田涼介主演ドラマ「カインとアベル」(フジテレビ系)の視聴率が苦戦している。10月31日に放送された第3話は初回の8.8%、第2話の8.6%から6.9%に急落した。

 テレビ誌のライターは「敗因はキャストと物語のミスマッチ」と指摘する。

「フジとしては、韓国で平均視聴率16.8%だった物語のリメイクだから、ある程度の数字は見込めると思ったのでしょう。ですが、韓国版はソ・ジソブとシン・ヒョンジュンの2大スターが兄弟を演じました。しかも、ソ・ジソブが兵役後の連ドラということもあり、話題性もあって注目されたんです。フジはまずそこを見誤った」

 物語のテーマは韓国版も日本版も変わらず、父から寵愛を受ける兄への嫉妬心から、兄の恋人や父からの信頼を奪ってやろうと葛藤する弟というストーリー。

「けれども、弟役で主演の山田は、とても野心むき出しで兄の恋人を略奪するようなキャラには見えませんし、兄役の桐谷健太も副社長を務めるようなインテリジェンスを感じない。そもそも山田ありきでのドラマだったのなら、もっと別の物語を選択するべきでしたね。リメイクということで物語を大幅に変えることもできませんし、視聴率回復を狙う策もないでしょう」(前出・テレビ誌ライター)

“月9ドラマ”ワースト記録を更新中の「カインとアベル」。初主演だった山田にとっては、不名誉な歴史になるのは確実のようだ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
日テレ河出奈都美、“ポスト水卜麻美”が見え始めた「爆裂バスト」アピール加速
2
ダレノガレ明美、トレ写真で魅せていたバスト渓谷&衝撃「下腹部盛り上がり」!
3
肉体関係トークも原因?フジが「松本人志の元カノ・常盤貴子」をスルーしたワケ
4
「バスト強調」艶系人気動画、突如登場「2代目」に視聴者が戸惑う“形状の違い”
5
乃木坂46山下美月、「黒板中に悪口」壮絶イジメ体験を初激白に驚きの声