政治

朴槿恵 逮捕された女ブレーンと元交際男との三角関係とは?(2)三角関係の私情で暴挙を許す

20161117y2nd

 私人の崔氏が朴大統領と出会ったのは、崔氏の父親が関係していた。韓国紙記者が説明する。

「崔氏の父・太敏(テミン)氏は1970年代から仏教、キリスト教、天道教を調和させた新宗教を開きました。74年に朴氏の母・陸英修(ユ・クヨンス)氏が暗殺されたあと、太敏氏は当時22歳だった朴氏に手紙を送り、『夢で(お母様に)お会いして、見守るようにお願いされた』などと慰めながら接近したのです」

 母親暗殺後、父・正煕(チョンヒ)大統領のファーストレディを継いだ朴氏は、しだいに太敏氏を青瓦台に呼ぶようになった。

「恋人のような2人の雰囲気に疑いを持った正煕大統領が、接触を禁止しました。それでも朴氏は聞く耳を持たず、太敏氏が創設した『大韓救国宣教団』の名誉総裁に就任。一緒に暮らしていた時期もあったそうです」(前出・韓国紙記者)

 独身を貫く朴大統領にとって、初めて「彼氏」と呼べる存在だったのか──太敏氏はこれまで、6回結婚して3男6女の子宝に恵まれた。その5女である崔氏を大統領に引き合わせたのも、この時期だったという。

「79年10月に正煕大統領が暗殺されると、朴氏の周りから側近が離れていきました。人間不信になった時に寄り添い続けたのが崔氏。94年に太敏氏が亡くなると、ますます2人の距離は近づき、崔氏は『オンニ(お姉さん)』と朴大統領を呼んで慕っていました」(前出・韓国紙記者)

 98年に行われた国会議員補欠選挙で、朴氏は政界入り。3年前に大統領の椅子に座ると、崔氏は「陰の権力者」として青瓦台を牛耳っていく。前出・韓国紙記者がこう説明する。

「大統領就任直後から、朴政権には『門番3人衆』と呼ばれる秘書官がいて、官僚らは大統領執務室に入れません。重要政策が密室で決められることに批判の声が出ていました。この3人の秘書官を推薦したのも崔氏だと言われています」

 機密漏洩問題をきっかけに、崔氏の「悪事」が次々と発覚している。

「大統領府の後押しで設立された『Kスポーツ財団』と『ミル財団』を私物化した疑惑が浮上。設立資金を集める時、韓国の経済団体『全経連』に圧力をかけて約800億ウォン(約73億円)を集めたとして、11月2日に前政策調整首席秘書官の安鍾範(アン・ジョンボム)氏を逮捕。崔氏との共謀について捜査が進められています」(前出・韓国紙記者)

 暴挙を許した理由は、「つらかった時に助けてくれた」だけでは説明がつかない。実は、朴大統領と崔氏を巡る「三角関係」の“私情”が含まれていたという。

 先述した太敏氏に続き、朴氏に「男」の存在が浮上したのは、14年4月16日に韓国の大型旅客船「セウォル号」が沈没した時のこと。死者・行方不明者304人を出した大惨事の最中、事故発生から7時間にわたって朴大統領は音信不通が続いた。この時「密会」していたとされるのが、当時、崔氏の夫・鄭允会(チョン・ユンフェ)氏だった。

カテゴリー: 政治   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
終盤でも視聴率が爆上げしない「あなたの番です」、“戦犯”は主人公の田中圭!?
2
品川の二の舞に?友近に「パワハラ報道」噴出で「テレビから干される」危機!
3
開き直った?顔面改造疑惑お構いなしの“すっぴん”を公開した板野友美の心中
4
特によしこが心配!?「24時間テレビ」チャリティマラソンにあがった“猛批判”
5
“加藤の乱”が影響!?近藤春菜、チャリティマラソン走者に選ばれた理由とは