政治

韓国・朴槿恵大統領を待ち受ける「韓国女子刑務所」のドン底生活!(2)元・受刑者が語る刑務所の実態とは?

20161229o2nd

「刑務所の持ち物検査では、それまで所持が許されていたタオルや柄つきのシャツは全て取り上げられてしまいました。他にも、自ら命を絶つための道具になりそうな私物は全てダメでしたね」

 割り当てられた雑居房には、2人の韓国人を含め、全部で6人の受刑者がいた。床はフローリングで、家具といえば食事用のテーブルと、壁に設けられた私物保管用の棚くらいだった。

「冬はとにかく寒かったのを覚えています。外は零下なのに、布団はなく、寝具はマットレスと毛布だけ。雑居房内には暖房設備もありません。モモヒキの上下や衣服をいろいろ着込んで、2枚の毛布で何とか寒さをしのいでいました」

 朝は6時起床、7時に朝食。8時から17時までは1時間の休憩を挟み、洋裁工場で労務作業に従事した。

「月給は日本円にして約1万円。そのお金でお菓子などの食品が購入できるのですが、月に4万ウォン(約4000円)までと上限が決められていました」

 刑務所内の食事は日本の刑務所と同様、質素で味気のないものだったという。

「基本的に主食は麦ごはんで、おかずもチヂミなどの韓国料理ばかり。スープの具がもやしだけだったことも。どれも薄味なので、自分でコチュジャンなどの調味料を購入して、味を調整していました。キムチだけは取り置きが許されていて、そのコチュジャンの空き箱に入れて、“発酵保存”したこともあります。そうそう、カレーに福神漬ではなく、大根の漬物がついた時は少し驚きました」

 雑居房では他の受刑者に“まる見え”の状況で用を足さなければならない。

「房にあるトイレは、ガラス板で仕切られていました。上半身は完全にガラス張りで、下の部分だけ磨りガラスになっていました」

 トイレットペーパーは同房の女囚らと持ち回りで購入したという。そして時にトイレは洗濯場となった。

「いくら洗濯していても、どうしても下着だけは汚れやすい。そこで房のみんなは、トイレの水でこっそり下着を洗濯していました。シャンプーで洗うと、少しいい匂いがしましたね」

 入浴は週に3回。ごくわずかな時間内に済まさなければならなかった。

「日本のように、浴槽はありません。30人くらいが一斉に裸になって、シャワーを浴びるんです。制限時間は30分。週3回のうち1回は『髪しか洗えない』ルールで、たった15分しかシャワーを使えませんでした」

 18時からの夕食を終えると、消灯の21時までは自由時間となる。

「テレビはありましたが、チャンネルを変えることはできず、指定されたドラマや音楽番組しか観ることができません。娯楽らしい娯楽といえば、月に1回のペースで開催される慰問のコンサートや映画鑑賞会くらい。手紙の発信回数が、ほぼ無制限だったのが唯一の救いでした」

 そんな亜輝さんは11年に出所。現在は小さな店舗ながら、新宿・歌舞伎町でクラブを経営している。

「ダマされてクスリの運び屋にされたことも含めて、自分の悪い部分と向き合えるようになりました。今では服役したことを後悔していません」

 彼女のように、朴大統領が自分の罪と向き合う日は訪れるのだろうか。

カテゴリー: 政治   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    実力派ジョッキー戸崎圭太も登場!「KEIRIN GP2019」スペシャル企画動画『The DAN(座談)』をチェックせよ!

    Sponsored
    138500

    12月にもなると「なんだか気持ちが落ち着かない…」というギャンブル好きの読者諸兄も多いことだろう。というのも年末は、競馬の「有馬記念」、競艇の「賞金王」、オートレースの「SS王座」といったビッグレースが目白押しだからだ。競輪では、12月30…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    “男の活力低下”につけこむ甘い罠…手軽に入手できる海外未承認薬の危険過ぎる実態に迫る!

    Sponsored
    133097

    40代50代の中高年男性といえば、人間関係、リストラの恐怖、のしかかる責任感など仕事上の悩みに加えて、妻や子どもとの関係、健康や老後の不安といったプライベートなことまで、さまざまな問題を抱えているもの。そしてこれらがストレスとなり、加齢によ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「ドクターX」米倉涼子の降板説で飛び交う“2代目大門未知子”仰天候補
2
NHK・近江友里恵アナ「15歳差婚」発覚で“あの若手アナ”に男性人気集中!?
3
手越祐也の“弁当宅配”に水を差した「道交法違反では?」疑問の声!
4
水川あさみと年下イケメン俳優の「同棲交際」、3年以上前から始まっていた!?
5
「肌がピチピチ!」生田斗真は恋人・清野菜名のアソコに惚れた?