芸能

天才テリー伊藤対談「安枝瞳」(4)瞳ちゃんのヒップは魅力的すぎるんだ

20161117s

テリー 今や瞳ちゃんはレースクイーンだけでなく、グラドルとしても大活躍中だよね。

安枝 ありがとうございます。イメージDVDもずっとコンスタントに出させていただいて、来月14枚目が出るんです。

テリー えー、すごい! そんなに出してたら、もうネタなんてないでしょう?

安枝 いえいえ(笑)、今度のDVDでは私がエステティシャン役を演じていて、観ている方を施術しているうちに、どんどん話が展開して‥‥という内容になっています(笑)。

テリー へえ、ドラマ仕立てみたいな感じなんだ。じゃあ、「お客様、肩が凝ってますね」とか言いながら、オッパイの谷間をグイッと見せるわけだ?

安枝 まあ、そんな感じです(笑)。でも私の場合は胸よりお尻が売りなので、バックショットがすごく多いですね。

テリー おおっ、確かに言われてみれば、おじさんが好きそうなムチムチのお尻だね。レース場でも、お尻ばっかりカメラに狙われてたんじゃない?

安枝 そうですね。車のイベントってサイン会もあるんですけど、テーブルに色紙を置いて、立ったまま前かがみになって書いていたことがあるんです。

テリー ああ、なるほど。ちょうどお尻を突き出すような体勢だったわけだ。

安枝 そしたら、後ろから私のお尻だけを夢中になってビデオで撮ってる方がいたんです。ショートパンツなので全然大丈夫だったんですけど、その方は熱心にファインダーをのぞいてお尻だけ見ているので、私が後ろを向いて見ていることにもまったく気づいていなくて。やっと顔を上げて私と目が合ったら、「ワッ」と叫んで、逃げていっちゃいました(笑)。

テリー ハハハ、バカだね。まぁ、それだけ瞳ちゃんのお尻が魅力的ってことなんだろうね。で、今後はどうしたいとか、夢はあるのかな? グラビアアイドルとしては順調だけど、もうすぐ三十路に入るわけじゃない?

安枝 そうですね。実は人見知りなんですけど、こういうお仕事でのおしゃべりはすごく好きなので、そういう方向でもう少し頑張りたいなと思っています。

テリー いいんじゃないかな。俺も今、瞳ちゃんと話をしていて楽しいよ。

安枝 ホントですか? あと、今年の夏に初めて舞台をやらせていただいたんです。演出家さんには「下手くそだ」って笑われたんですけど、すごく楽しかったので、演技の勉強はしたいなって思っています。この前のDVDの撮影の時も、反省することが多くて。

テリー DVDって、エステティシャンの?

安枝 はい。カメラの向こうに人がたくさんいると、テレて演技ができませんね。例えば「愛してます」っていうセリフも、そんなのふだん言わないし、相手がいないでそんなことを言うのって難しいなと思って。

テリー 何だよ、「愛してる」ぐらい。俺なんかそんなこと、2週間に1回ぐらい言ってるぞ。

安枝 ええーっ、ホントですか?(笑)

テリー 何言ってるんだよ、瞳ちゃんみたいな女性は、「愛してる」と「抱いて」は常に言っておかないと。

安枝 そんなことを言える相手はずっといないですから‥‥。

テリー 瞳ちゃんは、例え結婚して子供がいても、好かれるキャラクターだと俺は思うけどね。

安枝 ありがとうございます。でもその前に、相手を見つけないとダメなんですけどね(苦笑)。

◆テリーからひと言

 明るくて話もおもしろい、一緒にいると、とても楽しくなる娘だね。これからラジオやバラエティへと、活躍の場がどんどん広がっていくはず。いつまでも「だんじり魂」を忘れずに!

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「離婚の原因はキングカズ」元日本代表MFが告発した「有無を言わさぬ電話」事件
2
太川陽介YouTube版「単独バス旅」で千葉と茨城を勘違い!「プロ」の面目まる潰れの「赤面シーン」
3
「世界頂グルメ」がいただけない!水曜日の視聴率を沈下させる「ただ食べてるだけ」
4
31年目に明かされた真実!ASKAが「“しゃかりきコロンブス”の謎」を激白
5
JR東日本高崎支社「電気機関車」と「ディーゼル機関車」一斉大量引退で訪れる阿鼻叫喚の「大パニック」