芸能

オリラジ中田、韓国でピコ太郎とニラみ合いも人気、知名度、報道の扱いは惨敗

20161129oriradi

 世間には反対する声も多いなか、NHKのネタギレ事情もあり、“念願かなって”当初予定されていた「企画枠」から繰り上がる形で、紅白歌合戦の白組メンバーとして出場が決まった、オリラジ率いるRADIO FISH。

 そのメンバーであるオリラジ中田が、韓国のソウル郊外で行われた音楽祭の授賞式に参加。会見では国内ではなにかとライバル視されるピコ太郎に言及し、「ピコ太郎さんの出現で眠れない日があった」と発言した。

 その後、授賞式ではついにピコ太郎本人と対面したのだが、中田は「お互いピリピリしてました」「手出しちゃうんじゃねーかなって」と、ライバルであり、世界的には知名度で圧倒的に差をつけられたピコ太郎を意識する発言を繰り返した。

「もちろん、リップサービスもあるでしょう。しかし、韓国でのピコ太郎の圧倒的人気を目の当たりにしたのも事実で、ニュースもピコ太郎中心。RADIO FISHは『PERFECT HUMAN』で『最優秀楽曲賞』を受賞しましたが、『年間最優秀動画』を獲得したPPAPのロングパフォーマンスとの盛り上がりに比べても、知名度の低さはいかんともしがたかった。紅白ではピコ太郎は企画枠、片やオリラジは白組の正式メンバーですから、一応の差はついていますが、世間の誰もがピコ太郎のほうをブレイク度で上に見ているのは間違いない。『隙あれば(ピコ太郎を)潰す』など、過剰なライバル意識から出た中田の発言と思われてもしかたがないでしょう」(エンタメ誌記者)

 この“対面”を知った国内の声は「レベルの低い争い。つまらない王決定戦ですね」「聞いてるこっちがピリピリする。盛り上げるために言ってるとしても中田は本当に嫌なヤツ」「韓国のパクリで韓国で受賞って死ぬほどダサい」「ピコ太郎はオリジナルだけど自分でブームだとわかっている。中田はパクリのくせに自分をアーティストだと思っている。その違いはデカい」など、ディスりから分析までさまざま。それでも、中田を擁護する声はほとんどない。あとは、大晦日の結果待ちというわけか?

(平山リン)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    【緊急座談会】中年世代にど真ん中の夏カジュアルはあるのか!?

    Sponsored
    182685

    40代ともなると違和感を感じ始めるのが、休日のカジュアルファッションだ。体型が変わったり、若い頃に着ていた服が似合わなくなったり「何を着たらいいか分からなくなる」のがこの世代の特徴。昔ほどお金をかけるわけにもいかず、とりあえず安価なユニクロ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    クラファン発!最先端サプリ「スパルトT5」の実力と評判とは?

    Sponsored
    182842

    コロナ禍は、生活様式も働き方も大きく変えた。「仕事帰りにちょっと一杯」も難しくなった今、ビジネスの最前線で活躍する現役世代を蝕む過大なストレスが問題となっている。そんな精神的負担も原因なのか、これまで高齢男性に多かった“夜の悩み”を訴える3…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

注目キーワード

人気記事

1
山本舞香、鈴木福くんの前で見せた“バスト渓谷見せ”過激衣装の賛否!
2
真木よう子、「Gバストがお腹に乗ってる」なド迫力オフショットにファン騒然
3
「木村文乃のバストを揉みしだく」東出昌大との驚愕映像に羨望の声!
4
木村文乃、“艶気なし”指摘を吹き飛ばす「前かがみ水着バスト渓谷」の破壊力!
5
本田望結、ボディ成長と美人化がどんどん進む!ファンも困惑の“ノビシロ”