芸能

オリラジ中田、韓国でピコ太郎とニラみ合いも人気、知名度、報道の扱いは惨敗

20161129oriradi

 世間には反対する声も多いなか、NHKのネタギレ事情もあり、“念願かなって”当初予定されていた「企画枠」から繰り上がる形で、紅白歌合戦の白組メンバーとして出場が決まった、オリラジ率いるRADIO FISH。

 そのメンバーであるオリラジ中田が、韓国のソウル郊外で行われた音楽祭の授賞式に参加。会見では国内ではなにかとライバル視されるピコ太郎に言及し、「ピコ太郎さんの出現で眠れない日があった」と発言した。

 その後、授賞式ではついにピコ太郎本人と対面したのだが、中田は「お互いピリピリしてました」「手出しちゃうんじゃねーかなって」と、ライバルであり、世界的には知名度で圧倒的に差をつけられたピコ太郎を意識する発言を繰り返した。

「もちろん、リップサービスもあるでしょう。しかし、韓国でのピコ太郎の圧倒的人気を目の当たりにしたのも事実で、ニュースもピコ太郎中心。RADIO FISHは『PERFECT HUMAN』で『最優秀楽曲賞』を受賞しましたが、『年間最優秀動画』を獲得したPPAPのロングパフォーマンスとの盛り上がりに比べても、知名度の低さはいかんともしがたかった。紅白ではピコ太郎は企画枠、片やオリラジは白組の正式メンバーですから、一応の差はついていますが、世間の誰もがピコ太郎のほうをブレイク度で上に見ているのは間違いない。『隙あれば(ピコ太郎を)潰す』など、過剰なライバル意識から出た中田の発言と思われてもしかたがないでしょう」(エンタメ誌記者)

 この“対面”を知った国内の声は「レベルの低い争い。つまらない王決定戦ですね」「聞いてるこっちがピリピリする。盛り上げるために言ってるとしても中田は本当に嫌なヤツ」「韓国のパクリで韓国で受賞って死ぬほどダサい」「ピコ太郎はオリジナルだけど自分でブームだとわかっている。中田はパクリのくせに自分をアーティストだと思っている。その違いはデカい」など、ディスりから分析までさまざま。それでも、中田を擁護する声はほとんどない。あとは、大晦日の結果待ちというわけか?

(平山リン)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    飲み続けていたら夜もイキイキしてきた!?口コミで話題の「活力アミノ酸(R)DX」とは?

    Sponsored
    213053

    コロナ禍という長いトンネルも徐々に出口が見え、昨今は人々の社会活動も活発的になってきた。連休は「久々にゴルフに出かけた」「家族サービスで国内旅行をした」といったパパ世代の諸兄も多いのではないだろうか。在宅勤務から勤務へ徐々に回帰する企業も増…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
川島なお美「前貼りなし」で挑んだ古谷一行とのベッドシーン「入っていた」伝説
2
松本伊代、それでもヒロミを選んだ“アイドル時代”群がった男たちの「接近手段」
3
衝撃発覚!あの紅白歌手に楽曲を提供した「薬物作曲家」の逮捕劇
4
安田美沙子、「感動の出産シーン」と真逆の“汚部屋”公開に“不衛生”非難が!
5
「バスト透けすぎ!」三浦瑠麗が公開した「国葬参列の喪服写真」があんまりスゴイので…